イメージあ あざみ野。 あざみ野でテイクアウト(お持ち帰り)できるおすすめ店まとめ

アジアンビストロ Dai あざみ野店 ランチメニュー

イメージあ あざみ野

かつて北口の地上にあったバスターミナルはたまプラーザテラスゲートプラザ内に移動。 羽田、成田、ディズニーランド行きのバスはここから出ている 渋谷から東急田園都市線急行で20分。 たまプラーザはこのエリアでは唯一成田、羽田そしてディズニーランド行きのバスが発着するなど、地域の中心であり、2005年に横浜Walkerの「神奈川の住みたい街ランキング」で堂々1位になるなど、県下ではトップクラスの人気を誇る街です。 たまプラーザ団地内の広い歩行者専用道路。 車道とクロスする際は陸橋になっている 駅の開業は1966年、約40年前。 その2年後、1968年には住都公団による、全47棟、1200戸以上の規模を持つたまプラーザ団地が分譲されます。 同時に東急の主導のもと、周辺でも宅地開発が進みます。 目標とされたのは、ロンドン郊外の田園都市レッチワース。 都会の便利さと郊外の自然、恵まれた環境を兼ね備えた街を目指したのです。 その理想のもと、作られてきたこの街の敷地計画には今も色褪せない先進性があり、それが街の魅力ともなっています。 その特徴は大きく2つに分けられます。 まず、ひとつは歩行者の安全、快適さを優先した道路計画です。 例えば、たまプラーザ団地内では車道とは別に歩行者のための遊歩道が設けられ、遊歩道沿いには公園が点在。 通り沿いの歩道は並木で車道と隔てられ、安全であると同時にこの街のシンボルともいえる並木道となり、気持ちのいい散歩コースになっています。 右手は駅からの商店街で、通り沿いには店舗が。 しかし、右手美しが丘公園以遠は店舗は少なくなる もうひとつの特徴は、住宅と商業施設が明確に分けられていること。 駅からバス通りを歩いてみると、通りに面しては病院や店舗がありますが、住宅内に入ると皆無。 これは建築協定で美しが丘公園、たまプラーザ団地以遠は一戸建ての住宅地域とされているため。 住宅地内の静かで安全な環境はこうした配慮の賜物なのです。 ただし、もともとは丘陵地。 高台に建つ住宅は、眺望、採光などに恵まれているものの、坂や階段も多く、ベビーカーや高齢者に辛い場所があるのも確かです。 流行の品も揃う 生活の便利さも魅力のひとつ 地元の野菜その他を販売する店舗も新装。 駅から少し離れると農家も点在しているエリアなのだ また、駅のすぐ前にはイトーヨーカ堂があり、たまプラーザテラスの回りにはたまプラーザ中央商店街や駅前通り商店街などの並ぶ商店街も。 女性に人気の街だけに駅周辺には美容院が50店弱あるそうですし、可愛い子ども服の店、おいしいパン屋さん、ケーキ屋さんもあれこれ。 リフレクソロジーやゲルマニウム温浴など美容に気を使う女性向きの店が多いのも、この街らしい感じです。 逆に少ない、あるいはないのは、サラ金にパチンコ屋さんやゲームセンター、ファミレスなど。 地元では「安い食べ物屋さんがない」「一人暮らし向きの定食屋さんが少ない」「地元商店街の活気はいまひとつ」などの声もあるようです。 また、駅周辺はいいのですが、住宅地の中ではコンビニはもちろん、自動販売機なども少ないので、単身世帯や共働き世帯には不便かもしれません。 3人に1人は私立中学校へ 教育熱心さも地域の特徴 街中では子どもを連れたお母さんの姿を多くみかけた さて、たまプラーザを含む青葉区の特徴として挙げておきたいのが、私立中学への進学率。 区の誕生以来、横浜市内では11年連続トップで、2005年は31. 3人に1人は私立中学に進学している計算で、2位の都築区の24. 7%、4人に1人と比べると、そのダントツぶりがお分かりいただけるでしょう。 ちなみに東京都の私立中学進学率は年々増加傾向にあるものの、約16%。 比較にならない数字です。 この要因として横浜市教育委員会は「都心部へのアクセスがいいこと、沿線に私立学校が多いこと、人口が増加していること」を挙げています。 子どもに合わせて、好きな場所に進学させられる好立地というわけです。 その教育熱を反映して、駅周辺には学習塾も多く、点在しています。 ところで、勉強熱心なのは子どもだけではありません。 この街にはお稽古事教室が多く、語学やビーズ、料理、茶道、音楽からクラシックバレエ、空手まで種類も豊富。 お稽古事好きな奥様方も多い地域というわけです。 では、気になるを見ていきましょう。

次の

あざみ野コンテンポラリーvol.1 イメージの手ざわり展 « 横浜市民ギャラリーあざみ野

イメージあ あざみ野

神奈川県横浜市青葉区あざみ野2丁目にあるあざみ野駅周辺の住みやすさは一言でいうと 「のんびりできるけど坂が意外と多い街」です。 坂、ホントに多いです。 行くまで知らんかった…。 こんな感じでアップダウンがそこそこあります。 足腰は鍛えられるかも。 とはいえ、田園都市線のあざみ野は、キレイにまとまっている印象の街です。 スーパーは東急ストアと三徳しかありませんが、特に困ることはなさそう。 ウイルスのように増殖している、まいばすけっと(イオン系)がないのが珍しい感じ。 居酒屋系もそれほど多くはなく、魚民などのチェーン店が少し、カフェはタリーズコーヒーがあります。 そのかわり、ケーキやパン屋さんで美味しいところが多いのも特徴的です。 オシャレなランチを食べるようなお店も割とあるので、優雅な時は過ごせそう。 前は「アザミネーゼ」なんて呼ばれてたことも…今も呼ばれてるのかな。 (シロガネーゼ的な名称です) 目次• 神奈川県横浜市青葉区(あざみ野含む)のデータ 住みやすさ 住みにくい 住みやすい 家賃相場 1DKで7. 5万円 安い 高い 田園都市線で一駅離れたは9. 1万円。 田園都市線で逆側に一駅離れたは8. 1万円。 駅の混雑度 田園都市線なので結構混雑する。 一人暮らし向けor家族向け? かなり家族向け。 一人暮らしも悪くないが、家族で家を建てて住むイメージ。 居酒屋の数 少ない 多い 駅前の居酒屋は非常に少なく、25軒ほどしかない。 酔っぱらいが少ないのは小さいこどもがいる家庭にはいいかも。 気になる人や友だちを家に誘いやすいか・家デートがしやすいか 誘いづらい 誘いやすい ターミナル駅からも遠く、誘いやすいエリアではない。 一応田園都市線で渋谷まで一本なので、乗り換え自体はめんどくさくない。 参考: 参考: 参考: あざみ野の特徴 田園都市線は非常に混みますので、そこはもう仕方がありません。 ブルーラインも停まるので、横浜にも一本で行くことができます。 一人暮らしのシングル向けというよりは、ファミリー向けのエリアです。 坂が多いので、お年寄りの方にはちょっとツラいかも。 いわゆる アザミネーゼな方々が住んでおります。 アザミネーゼのイメージ(あくまでイメージ)• クリスマスはイルミネーションを飾る。 もちろん一軒家に住んでいる。 クルマ持ちで、外車もしくはレクサスがステータス。 お昼に奥様同士でオシャレランチ。 小さめの犬を飼っている。 (チワワ系)• オシャレが大好き。 流行に流されやす・・・流行に敏感。 (テレビ視聴時間長め)• 代官山や表参道とも相性が良い。 つまり旦那さんが割と稼いでいて、奥さんは専業主婦でいられる、というのがポイントなようですね。 みんながみんなこうなわけありませんが、わりと経済的には裕福な方々が住んでいるようです。 確かにクルマが無いと結構不便そうな感じではありますね…。 駅にはちょっとお高めのパン屋さんPAUL(ポール)があります。 さすがセレブが集う街、あざみ野! あざみ野東側 西側にはローソン、ドトール、松屋などがあります。 実はあざみ野には駅周辺にコンビニがあまりなく、ほんのちょっと歩いたところにスリーエフがあります。 ほかにもセブンイレブンやサンクスもありますが、住む場所によっては周りにコンビニがまったくない、ということも。 昭和な感じののんびりした雰囲気が続きます。 ガストを発見~。 いえーいガスト~。 ガストって昔に比べてちょっとだけ美味しくなった気が…しません? ここから脇道にそれて坂をのぼって行くと…。 あざみ野東公園がありました。 あざみ野北側 北側にはドラッグストアのセイジョーがあります。 シェアハウスの遊びエステートを発見。 このシェアハウス、なんとプールがあるみたいです。 すごいー。 なんかリア充のたまり場みたいな感じですね…。 興味がある方はこちらを参考にしてみてください。 外部リンク: そして駅から10分くらい歩くと、新石川公園が見えてきます。 こののんびりした感じ、いいですねー。 近くには一戸建てが多いので、これがいわゆるアザミネーゼ、ハイソ系な方々なのかも…? あざみ野の賃貸 激安ワンルームを探しても、家賃4万円台&駅から遠い物件になってしまいます。 1Kあたりで良さそうな物件は7万円台からありますね…さすが、都内よりは安いです。 2LDKでも家賃10万円台と破格な価格ですが、駅からは遠く、バスもしくは車が必須だったりします。 うーん、自転車があればなんとか行けるかも。 相場より安い物件はかなり見つけにくい 相場より安い物件は、ライバルが多くてすぐに埋まってしまいます。 みんな安いお部屋を狙ってるから。 安いお部屋を見つけるのにおすすめしたいのは、チャット不動産屋の「イエプラ」です。 イエプラは最新情報が集まってる業者専用のサイトから物件を紹介してくれるので、自分で探すよりも良い物件に出会える可能性が高いんです! わざわざ部屋を探すために不動産屋に行くのはめんどいぜ……っていう人にもおすすめですよ。 あざみ野のうわさ ・驚(おどろき)神社という神社がある。 ・全体的に高級住宅街だが、大場町付近はその中でも特に高級住宅街らしい。 あざみ野の事件 特になし。 あざみ野に引越しするべき?まとめると… ・あざみ野から電車で、新宿は34分、渋谷は22分、池袋は44分、横浜は27分で行ける。 ・一人暮らしではなく完全にファミリー向け。 ・坂が多め。 ・スーパー、コンビニ、居酒屋が少ない。 ・高級住宅街だが賃貸相場はそれほど高くない。 ・渋谷にも横浜にも行くことが多い方には引越しをオススメします。 ・あざみ野付近でお探しの方は、田園都市線で一駅離れた、逆側に一駅離れたなどがあります。 住みやすさマップ 部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。 SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。 外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

次の

あざみ野でテイクアウト(お持ち帰り)できるおすすめ店まとめ

イメージあ あざみ野

かつて北口の地上にあったバスターミナルはたまプラーザテラスゲートプラザ内に移動。 羽田、成田、ディズニーランド行きのバスはここから出ている 渋谷から東急田園都市線急行で20分。 たまプラーザはこのエリアでは唯一成田、羽田そしてディズニーランド行きのバスが発着するなど、地域の中心であり、2005年に横浜Walkerの「神奈川の住みたい街ランキング」で堂々1位になるなど、県下ではトップクラスの人気を誇る街です。 たまプラーザ団地内の広い歩行者専用道路。 車道とクロスする際は陸橋になっている 駅の開業は1966年、約40年前。 その2年後、1968年には住都公団による、全47棟、1200戸以上の規模を持つたまプラーザ団地が分譲されます。 同時に東急の主導のもと、周辺でも宅地開発が進みます。 目標とされたのは、ロンドン郊外の田園都市レッチワース。 都会の便利さと郊外の自然、恵まれた環境を兼ね備えた街を目指したのです。 その理想のもと、作られてきたこの街の敷地計画には今も色褪せない先進性があり、それが街の魅力ともなっています。 その特徴は大きく2つに分けられます。 まず、ひとつは歩行者の安全、快適さを優先した道路計画です。 例えば、たまプラーザ団地内では車道とは別に歩行者のための遊歩道が設けられ、遊歩道沿いには公園が点在。 通り沿いの歩道は並木で車道と隔てられ、安全であると同時にこの街のシンボルともいえる並木道となり、気持ちのいい散歩コースになっています。 右手は駅からの商店街で、通り沿いには店舗が。 しかし、右手美しが丘公園以遠は店舗は少なくなる もうひとつの特徴は、住宅と商業施設が明確に分けられていること。 駅からバス通りを歩いてみると、通りに面しては病院や店舗がありますが、住宅内に入ると皆無。 これは建築協定で美しが丘公園、たまプラーザ団地以遠は一戸建ての住宅地域とされているため。 住宅地内の静かで安全な環境はこうした配慮の賜物なのです。 ただし、もともとは丘陵地。 高台に建つ住宅は、眺望、採光などに恵まれているものの、坂や階段も多く、ベビーカーや高齢者に辛い場所があるのも確かです。 流行の品も揃う 生活の便利さも魅力のひとつ 地元の野菜その他を販売する店舗も新装。 駅から少し離れると農家も点在しているエリアなのだ また、駅のすぐ前にはイトーヨーカ堂があり、たまプラーザテラスの回りにはたまプラーザ中央商店街や駅前通り商店街などの並ぶ商店街も。 女性に人気の街だけに駅周辺には美容院が50店弱あるそうですし、可愛い子ども服の店、おいしいパン屋さん、ケーキ屋さんもあれこれ。 リフレクソロジーやゲルマニウム温浴など美容に気を使う女性向きの店が多いのも、この街らしい感じです。 逆に少ない、あるいはないのは、サラ金にパチンコ屋さんやゲームセンター、ファミレスなど。 地元では「安い食べ物屋さんがない」「一人暮らし向きの定食屋さんが少ない」「地元商店街の活気はいまひとつ」などの声もあるようです。 また、駅周辺はいいのですが、住宅地の中ではコンビニはもちろん、自動販売機なども少ないので、単身世帯や共働き世帯には不便かもしれません。 3人に1人は私立中学校へ 教育熱心さも地域の特徴 街中では子どもを連れたお母さんの姿を多くみかけた さて、たまプラーザを含む青葉区の特徴として挙げておきたいのが、私立中学への進学率。 区の誕生以来、横浜市内では11年連続トップで、2005年は31. 3人に1人は私立中学に進学している計算で、2位の都築区の24. 7%、4人に1人と比べると、そのダントツぶりがお分かりいただけるでしょう。 ちなみに東京都の私立中学進学率は年々増加傾向にあるものの、約16%。 比較にならない数字です。 この要因として横浜市教育委員会は「都心部へのアクセスがいいこと、沿線に私立学校が多いこと、人口が増加していること」を挙げています。 子どもに合わせて、好きな場所に進学させられる好立地というわけです。 その教育熱を反映して、駅周辺には学習塾も多く、点在しています。 ところで、勉強熱心なのは子どもだけではありません。 この街にはお稽古事教室が多く、語学やビーズ、料理、茶道、音楽からクラシックバレエ、空手まで種類も豊富。 お稽古事好きな奥様方も多い地域というわけです。 では、気になるを見ていきましょう。

次の