年下彼氏 5話 感想。 『年下彼氏』第5話#9#10ネタバレあらすじや感想!最初で最後、最後で最初の告白?

【年下彼氏】ドラマ7・8話のあらすじは?相手役や感想、見逃し配信情報も!|ひかさとカップルブログ

年下彼氏 5話 感想

『年下彼氏』5話・6話のあらすじネタバレ 第5話「机上の恋論」 19歳の雲雀友也(ひばりともや・西畑大吾/なにわ男子)は若き天才小説家。 15歳で『犯人は俺だ』で文芸界に鮮烈デビューし、18歳で発表した『魔術師対完全犯罪』が人気シリーズとなって累計発行部数は1000万部を突破。 今、最も新作が期待される気鋭の小説家です。 そんな雲雀に、26歳の佐倉美晴(天野はな)が編集担当者につくことになりました。 佐倉から依頼されたのは恋愛小説。 青春時代、すべてを執筆に捧げてきた雲雀は、恋愛経験など皆無に等しく、そのため、まるでリアリティーのある描写が書けずスランプに陥っていました。 そこで佐倉は「実際にわたしとデートを経験してみましょう」と提案。 雲雀は「なんで好きでもない人とデートなんて…」と内心気が進まなかったものの、執筆活動のためにと了承しました。 デート当日、いつもの地味な佐倉が、見違えた姿で登場。 雲雀は思わず見惚れてしまいます。 執筆活動の一助になるようにと、気合を入れておしゃれをしてきたという。 その後、スイーツを食べに行ったり、ボーリングで遊んだり、観覧車に乗ったりと、デートを楽しむ二人。 恋愛経験の無い雲雀にとって、それらはどれも新鮮で、心躍るものでした。 そうしてデートを重ね、雲雀の自宅でおうちデートを楽しんでいた日のこと。 ふと、雲雀は焦燥感を抱き始めます。 どうにも佐倉のことを女性として意識してしまって、会話が続かないのです。 そんな様子の雲雀に、デートを楽しめていないと勘違いしてしまった佐倉は、「やっぱり仕事相手じゃデートになりませんよね。 デートごっこはこれでおしまいにしましょう」と切り出したのでした。 後日、佐倉は編集長から、雲雀の担当から外れるようお達しがありました。 これは雲雀本人の意向だという。 佐倉は、自分が何か失礼をしてしまったのかと不安になり、雲雀の自宅へ謝罪に行くことに。 雲雀は謝罪に来た佐倉に、そういうことじゃないと否定し、書きかけの原稿を手渡しました。 そこには佐倉とデートした日々のことが綴られていました。 そして突然、「佐倉さん!僕と結婚してもらえませんか?」とプロポーズ。 あまりのことにキョトンとしてしまった佐倉ですが、担当を外した理由が「仕事相手じゃデートにならないと言われたから」と知り、なんだか微笑ましい気持ちに。 「結婚は急ぎすぎですね」と返しながらも、「小説が完成したら、もう一度デートをするのはどうでしょう」と提案する佐倉。 これに雲雀は「はい!」と答え、二人は幸せそうに微笑み合ったのでした。 第6話「優等生の苦悩」 高校1年生の白鳥(西村拓哉/Lil かんさい)は、小学校のときからずっと学級委員長をし続けている自他ともに認める優等生。 掃除をサボる問題児たち、小田(高橋楓翔)や大原(井上稀翔)にも厳しく注意します。 ある日、教頭(山田敦彦)から臨時担任として桜庭(小島藤子)先生を紹介されます。 その可愛らしい笑顔に、「天使と出会ってしまった!」と一目惚れしてしまう白鳥。 桜庭先生を支えるべく、より一層、学級委員長として励み、先生の手伝いも率先してやりました。 そんな中、いつもの問題児、小田と大原を注意している桜庭先生を目撃。 注意しているのだけど、親し気に話をしている様子に少し苛立ってしまいます。 そこで桜庭先生に、二人がいかにだらしなくて遊び人かということを強調し、「もっとちゃんと怒った方がいい」と進言。 すると桜庭先生から「そんなに人のことを悪く言うもんじゃないわ」と窘められてしまいます。 これにショックを受けた白鳥は、「きっと先生は、優等生よりも問題児のほうが好きなんだ…」と思うようになり、これからは悪い男になるぞ!と決意。 翌日、髪をリーゼントで固め、いかつい恰好で登校した白鳥。 しゃべり方も不良を真似て、粗っぽい言葉遣いに。 掃除もサボるし、道端に落ちているゴミも敢えてスルーします。 そんな白鳥の変貌を心配した桜庭先生は、白鳥を呼び出して面談。 そこで白鳥は正直に理由を明かし、先生のことを女性として想っていると告白しました。 けれど桜庭先生は、すでに結婚しているとのこと。 夫は、高校時代から付き合ってた人で、真面目で困っている人がいると無視できない性分で、白鳥にとてもよく似ているという。 だから、白鳥のことも素敵だと感じているという桜庭先生。 その言葉に、いつもの自分に自信が持てた白鳥は、明日からまた、服装も髪も戻すと約束。 そして、「このままの僕で、いつか絶対、最愛の恋人を作ってみせます!」と宣言したのでした。 その直後、教頭に呼ばれ、教育実習生の山田(喜井琴美)先生を紹介されます。 山田先生の美しさに、「天使と出会ってしまった!」と、また一目惚れしてしまう白鳥でした。 スポンサーリンク 『年下彼氏』5話・6話のネタバレ感想 優等生な学級委員長の白鳥が、突然、髪をリーゼントにしてごっつい鎖を首にかけて登場した時には、思わず吹いちゃいました。 また、西村拓哉くんの初々しい演技がうまいこと相乗効果となって、「がんばってワルい男演じてます」感が滲み出ていて微笑ましかったです。 第5話の雲雀も、王道デートのひとつひとつにときめいていたのが初々しい。 あんな可愛らしい姿を見せられては、世のおねえさま方はつい「いろいろ教えてあげたい~」と思ってしまいますね。 首の奴は真壁刀義さん? そしてチュッパチャップス。 どういう不良像なんでしょう…笑。 先生に恋するっていう設定よくあるけど、15分という時間制限があることもあり、ここまで直球で早い展開は初ですね。 既婚者という即終了させる落ちからの、すぐに次乗り換える思春期男子の姿も雑だけど良かったです。 『年下彼氏』第4回(7話・8話)のあらすじ 公式サイトが発表している『年下彼氏』7話・8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 しっかり者の生徒会長・森野有希子(岡本夏美)にとって、うっかり者の後輩・山村旭(長尾謙杜)は悩ましい存在。 生徒会唯一の男子として期待しているのだが、何を頼んでも失敗ばかり…。 そんな二人がある時、誰もいない体育館倉庫に閉じ込められてしまう。 不安がる有希子に、旭はそれまでにない顔を見せる…!? 漫才で売れることを夢見て相方の明と上京してきた太一(草間リチャード敬太)。 太一がお笑いを目指す動機は不純にして明快。 ずばり「モテること」。 超満員のステージを夢見て、公園でネタ合わせをする日々を送っていると、ついにファン一号ができる。 年上で会社員の桜子(鈴木ゆうか)。 太一は桜子に惹かれ告白を決めるが…。 asahi.

次の

ドラマ「年下彼氏(5話6話)」の再放送や見逃し配信はココ!西畑大吾と西村拓哉が観たい!

年下彼氏 5話 感想

『年下彼氏』3話・4話のあらすじネタバレ 第3話「チェーン」 高校1年生の八木篤史(道枝駿佑/なにわ男子)は、毎朝同じ時間に起き、同じ朝食を食べ、同じ道を自転車で学校まで通う、といった変わらぬ日々を過ごし、退屈を感じていました。 そんなある日、工事を迂回するため、かなり急な坂道を走っていると、後ろから同じ学校の制服を着た女子高生・咲(田鍋梨々花)に颯爽と追い抜かれてしまいます。 見ると、咲の自転車は電動自転車。 なんとなく悔しい思いをする篤史でした。 そして翌日も咲に抜かれてしまい、「明日こそは俺が絶対に追い抜く!」と気合を入れる篤史。 坂道を必死にこいで咲を追い抜きます。 けれどまた咲に追い抜かれて…といった攻防が繰り返され、なんとか力を振り絞り、坂を登りきった時点で勝利。 篤史は大喜びして、咲を振り返ります。 すると、咲の自転車チェーンが外れてしまっていて、咲が途方に暮れていました。 そこで篤史は咲に声をかけ、チェーンを直してあげることに。 咲は、チェーンを直してくれた篤史に「一緒に学校サボっちゃおうか」と誘います。 咲は、篤史のひとつ上の高校2年生。 もうすぐ交換留学で、1年間、イギリスに行くとのこと。 これは厳格な親が勝手に決めたことで、本当は乗り気じゃないという。 そんな咲に、「行けるところがあるってなんかいいじゃん。 俺なんてこの町から出たことないし」と羨ましさを滲ませた篤史。 その言葉に、留学を前向きに捉えようと思えた咲は、高台のモニュメントに登ろうと誘いました。 そこから見る景色は、いつもの退屈な町とは思えぬ綺麗な景色で、「特別なことなんて何も起こらないと思っていた…でもそれは、俺が特別な景色を見ようとしていなかっただけかもしれない」と気付く篤史でした。 1年後。 いつもの日常を送っていたある日。 坂道で、颯爽と女子高生に追い抜かれます。 それは、留学から帰ってきた咲でした。 「ただいま」 「おかえり」 そう言葉を交わし、当たり前の景色がまた特別な景色に変わるのを感じる篤史でした。 第4話「論理的な彼女」 大学生の皆川真吾(福本大晴/Aぇ! group)は、凛とした美しさと抜群の知性を誇る先輩・佐伯香織(浅川梨奈)に恋をしていました。 けれど香織は、高嶺の花のような存在。 真吾のほかにも香織に惚れ込む男性は多く、それらをことごとく振っているという。 それがあまりにも容赦なく、振られた男性は恋愛恐怖症に陥るという噂も。 けれど、熱血漢である真吾はそれに怖気付くことなく、当たって砕けろの精神で告白を決意。 結果、まさに当たって砕け散りました。 香織は「わたしが年下の男性と付き合うメリットってなに?」と問い掛け、デートにかかる出費と時間の浪費、それに見合う価値を年下男性が提供できるとは思えないと、理路整然と語ったのです。 香織にフラれ、失意の真吾。 そんな真吾の前に、偶然告白シーンを目撃してしまった財津教授(斉木しげる)が現れました。 「恋愛なんて利害じゃないのに…」とぼやく真吾に、財津は「功利は、あらゆる道徳問題に対する究極の決意基準である」という哲学者ジョン・スチュアート・ミルの『自由論』の一説を唱え、「今度は、年下の男と恋愛するメリットを、君が論理的に説明すればいい」と背中を押します。 そして、財津自らそれに協力すると、カメラとインカム機能が内蔵された眼鏡を手渡しました。 そうして、財津指示のもと、また香織を呼び出した真吾。 年下男性と付き合うメリットをディベートします。 女性のほうが平均寿命が長いから寿命のバランスがいいとか、稼ぎについても生涯年収を考えれば年下年上関係ないとか、家事や育児への参加率は年下のほうが高い(20代のほうが40代より15%高い。 総務省統計局の調査より)とか。 これらに香織は少し納得した様子を見せ、真吾は手ごたえを感じます。 しかしあと一歩といったところで、突然、財津が腹痛を訴えトイレへ。 ここまで全て財津の言葉(指示)に従っていた真吾は困り果てます。 そんな中、香織から「年下の夫のほうが離婚率が高いというデータもある。 今は年上が良くても、将来的に年下の女性と浮気したくなるんじゃないの」と問い詰められました。 これに真吾は「年上とか年下とか、そんなことどうだっていいんですよ!そんなこと関係なく、好きなんです!」と反論。 情に訴えかけました。 これが功を奏し、香織は「1回デートしてみよう」と言ってくれたのでした。 香織が去った後、財津が「見事なV字回復。 ケルトの虎(1995年~2007年のアイルランドの急速な経済成長を指す表現)のようだな」と称えながらやってきました。 「人から借りた言葉じゃ、結局人の心は動かせないからね」という財津は、わざと腹痛を訴え席を外したという。 まんまと財津の作戦にかかったことがちょっと悔しい真吾でしたが、結果的に、香織から認められたと満足。 しかし香織から「あなたへの評価は、初デートで決めます。 しっかり自分のこと、プレゼンしてね」というメッセージがきて、また財津に「どうしましょう」と泣きつく真吾でした。 スポンサーリンク 『年下彼氏』3話・4話のネタバレ感想 舌戦が繰り広げられた第4話では、ちょっとした豆知識も散りばめられていて勉強になりました。 「年下男性と付き合うメリット」を議論する展開もおもしろい。 年取った今となっては、議論するまでもなく年下男性いいじゃない~と思えますが、学生時代の若かりし頃を考えると、たしかに年上男性のほうが魅力的に感じたなぁとしみじみ思ったり。 きっと男性も同じなんでしょうね。 自分が年を取れば取るほど年下女性のほうが良く見える、と…くぅ。 「年齢なんて関係ない!」と断言した真吾くん。 20年後も、それと同じ台詞を言ってほしいものです。 第3話で主演した道枝駿佑くんは、去年の日テレドラマ『俺のスカート、どこ行った?』でメインどころの東条を演じていたのが記憶に新しい。 ちなみに今季(初回放送未定)のテレ朝ドラマ『BG 身辺警護人』にも出演予定。 はじめて彼を見たとき、なんてキレイな顔立ちの子だろうと感心しましたが(女装も見事にハマってましたし!)、今回もそのキレイな可愛さに見惚れちゃいました。 美男美女!活躍が楽しみな主人公・ヒロイン勢揃い ウブな感じが最高すぎて、道枝くんの良さが最大限に出てたなあ。。 年上〜!って感じの強い女の子じゃなかったのもよかった。。 3話では昨今、ドラマで見る機会も多い道枝駿佑さんが登場。 何気ない出会いが青春って感じでした。 そして、自転車のチェーンが外れて手が真っ黒になるという展開が良かった! 自転車を押し歩く姿が絵になる2人でした。 道枝駿佑さんは今期、『BG 身辺警護人』にも出演するので、先輩の木村拓哉さんとの絡みはあるのか?注目ですね。 4話では、教授役で斉木しげるさんが出ていることがツボでした。 また、眼鏡姿の浅川梨奈さんが可愛かった!多くのドラマに出演してきているし、更なる飛躍に期待しています。 『年下彼氏』5話・6話のあらすじ 公式サイトが発表している『年下彼氏』5話・6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 雲雀友也(西畑大吾)は19歳の若き天才小説家。 しかし、新しい担当編集者の佐倉美晴(天野はな)に依頼された恋愛小説に手こずり、極度のスランプ状態にある。 全青春を執筆に傾け恋愛経験は無いに等しい雲雀に、リアルな恋愛描写など無理なのだ。 そこで佐倉は自分との擬似デートを提案。 初めはデートに気乗りしない雲雀だが…。 学級委員長の白鳥(西村拓哉)は自他ともに認める優等生。 その白鳥が、臨時担任の桜庭(小島藤子)に一目ぼれしてしまう!桜庭の気を引こうと、優等生ぶりに磨きをかける白鳥。 ところがある日、桜庭が不良達と自分よりも親しげに話す姿を目撃。 ショックを受けた白鳥は、誰よりも悪い男になると決意するが…。 asahi.

次の

ドラマ『年下彼氏』5話6話みんなの感想、見逃し視聴や口コミ評判|インドア大学

年下彼氏 5話 感想

バスケ部の補欠部員である工藤歩 高橋恭平 には、一つ年上の幼馴染・唯 花坂椎南 がいる。 歩 高橋恭平 はレギューラー部員で恋のライバルである巧己 安田啓人 とバスケの対決をするが、結果はいつも工藤歩 高橋恭平 の負け。 ある日の対決終了後、巧己 安田啓人 が告白をするために唯 花坂椎南 を呼び出す。 巧己 安田啓人 と交際しようと思っていると言われ焦った歩 高橋恭平 は、唯 花坂椎南 に告白をする。 歩 高橋恭平 の言葉に唯 花坂椎南 は「巧己 安田啓人 と勝負して本気を見せて」と言う。 その日から歩 高橋恭平 は猛練習し、勝負の結果巧己 安田啓人 に勝利する。 男気を見せた歩 高橋恭平 の、唯 花坂椎南 への本気の想いは届いたのだ。 観月律 末澤誠也 はテレビ番組のADとして働いている25歳。 仕事でのミスが多く、先輩社員で彼女でもある祥子 秋元才加 にいつもフォローしてもらっていた。 ある日、大学の同期の浦坂健太 木戸邑弥 が格上のディレクターとして転職してくる。 健太 木戸邑弥 の登場に焦る律 末澤誠也 の嫌な予感は的中し、二人の仲は深まっていく。 健太 木戸邑弥 が祥子 秋元才加 に告白しかけた時、律 末澤誠也 は健太 木戸邑弥 に交際を堂々宣言し、祥子 秋元才加 を連れ去る。 祥子 秋元才加 は律 末澤誠也 の男らしさを見直し、二人はハッピーエンドで終わる。 20代・女性・きなこさんのあらすじ・ネタバレ 13 主人公でバスケ部の補欠部員・工藤歩 高橋恭平 は、幼馴染の唯 花坂椎南 に片想いしていますが、気持ちを伝えられません。 そんなある日、唯 花坂椎南 がバスケ部のレギュラー部員の巧己 安田啓人 に告白されます。 唯 花坂椎南 と巧己 安田啓人 が付き合うことを阻止したい歩 高橋恭平 は、唯 花坂椎南 に自分の気持ちを伝えます。 すると、唯 花坂椎南 からの提案で、歩 高橋恭平 はレギュラー部員と3ポイントシュート対決をすることになります。 対決に勝利した歩 高橋恭平 は、無事に唯 花坂椎南 と付き合い始めることになったのでした。 14 主人公のテレビ番組のスタッフ・観月律 末澤誠也 は、先輩の祥子 秋元才加 と付き合っていました。 そんな中、律 末澤誠也 の大学の同期の浦坂健太 木戸邑弥 が転職してきます。 健太 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 との距離を急速に縮めていきます。 そして、健太 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 に告白しますが、そこに観月律 末澤誠也 が現れ、祥子 秋元才加 への気持ちを真っすぐに伝えます。 観月律 末澤誠也 は祥子 秋元才加 との絆を強めるのでした。 20代・女性・はなちゃんさんのあらすじ・ネタバレ 13話の『シュートを決めたなら』は、バスケ部の工藤歩 高橋恭平 と先輩巧己 安田啓人 が勝負する話です。 幼馴染の唯 花坂椎南 が巧己 安田啓人 に告白されたと聞いて自分も告白し、それが本気だということを証明してと言われてしまいます。 本気だと証明するために、巧己 安田啓人 とスリーポイントシュートで競うことになり、見事巧己 安田啓人 に勝利します。 14話の『できる彼女、できない彼氏』は、社内恋愛をしており、ADの観月律 末澤誠也 とプロデューサーの祥子 秋元才加 の話です。 そこに観月律 末澤誠也 の大学の同期である浦坂健太 木戸邑弥 が新人として入社してきます。 健太 木戸邑弥 は仕事ができ、いきなりディレクターとして働きます。 その健太 木戸邑弥 が祥子 秋元才加 さんを狙っていることを知ります。 そんな時に浦坂健太 木戸邑弥 と祥子 秋元才加 さんが2人でご飯行くことになり、浦坂健太 木戸邑弥 が祥子 秋元才加 さんに告白すると聞いてしまいます。 それを聞いて祥子 秋元才加 さんを奪還しにいきます。 20代・女性・あーちゃんさんのあらすじ・ネタバレ 13話「シュートを決めたなら」唯 花坂椎南 と工藤歩 高橋恭平 は小さい頃からいつも一緒で仲良しでした。 巧己 安田啓人 に告白をされたんだと唯 花坂椎南 が歩 高橋恭平 に相談すると、歩 高橋恭平 は俺にしときなよと伝えるも一度でも巧己 安田啓人 にバスケで勝って。 そしたら考えてあげると言われます。 努力の結果巧己 安田啓人 に勝つことが出来ました。 唯 花坂椎南 と歩 高橋恭平 は付き合うことになり終わります。 14話「できる彼女、出来ない彼氏」は、テレビ会社で下っぱの観月律 末澤誠也 と仕事が出来る祥子 秋元才加 はみんなに内緒で社内恋愛をしていました。 ある日新人が会社に入社してきます。 その人は、律 末澤誠也 と同じ大学で同級生の浦坂健太 木戸邑弥 でした。 ある時、律 末澤誠也 は健太 木戸邑弥 に実は祥子 秋元才加 が好きだと相談されてしまいます。 そんな中、健太 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 に告白する為の食事に誘います。 律 末澤誠也 は事実を知りレストランに向かい祥子 秋元才加 を連れ去ります。 ラストは好きだという想いを二人でもう一度確認しあい終わります。 30代・男性・タマさんのあらすじ・ネタバレ 13話の話はバスケ部の工藤歩 高橋恭平 が幼馴染の一つ上の先輩唯 花坂椎南 に片思いしていて、その唯 花坂椎南 がある日バスケ部の先輩である巧己 安田啓人 から告白されてしまう。 そのことに焦った歩 高橋恭平 は自分も告白するが唯 花坂椎南 はその告白が本気だということを証明するために巧己 安田啓人 と勝負することを提案する。 その後、スリーポイント対決をして歩 高橋恭平 は勝つのだった。 14話は失敗ばかりのAD観月律 末澤誠也 ができる先輩の祥子 秋元才加 と付き合っていたが、ある日大学の同期の浦坂健太 木戸邑弥 がディレクターとして入ってくる。 浦坂 木戸邑弥 は祥子 秋元才加 のことが好きだと話し歓迎会で告白しようと考えてしまう。 そのことに焦った律 末澤誠也 は仕事を早く切り上げて祥子 秋元才加 の元に行き連れ去り祥子 秋元才加 のことが好きだということを改めて伝えるのだった。 『年下彼氏』13話14話 第7週 の感想 13話「シュートを決めたなら」 13「シュートを決めたなら」を観て、「主人公の成長」が魅力的だと感じました。 最初は幼馴染に対し告白することすらできなかった主人公が、恋人の座をかけた勝負の中で、どんどん男らしくなっていきます。 また、幼なじみに対してもまっすぐに気持ちをぶつけていきます。 その主人公の成長過程がかっこよく、思わず夢中になっていました。 14「できる彼女、できない彼氏」を観て、「大人の恋愛」が特に印象に残りました。 これまで放送された話では、学校が舞台になることが多く、初々しい恋愛が多く描かれていました。 しかし、今回は社会人の主人公ということで、年下の可愛らしさがありつつも、仕事に打ち込む姿など大人ならではのかっこよさや恋の駆け引きがあり、新鮮な気持ちで観ていました。 20代・女性・はなちゃんさんの感想 13話の感想は、とても勇気ずけられる内容でした。 どんなに頑張っても勝てない相手に勝つために毎日毎日必死で頑張って勝って、女の子の気持ちも手にすることが出来たという内容に、努力をすればその分だけ想いを貫くことは出来るんだな自分も頑張れば不可能なことはないのかもしれうと思わせてくれる内容でした。 14話の内容は、とてもキュンキュンしてしまう内容でした。 いつもだめなところしか見せれてなくてがっかりさせてばかりな彼氏をかげながら支え、他の人に好意をもたれても気持ちを変えないで 一筋な彼女さんの姿に尊敬してしまいました。 また、最後のシーンのいつもは男ぽいところを見せていない律くんが 男ぽく俺の彼女だと宣言しその場から連れ去るときキュンとしてしまいました。 一生好きだとお互いに言い合うところなど、仲良すぎるところに思わず嫉妬してしまいました。 30代・男性・タマさんのの感想 15話 年下嫌いな女の子に恋をした年下男子が、女の子に振り向いてもらえるように頑張って結ばれるという話です。 頼りがいがなく年下感満載の主人公は、マナーを勉強したり、大人っぽい服装をしたりと、大人の男に見せようと一生懸命努力します。 途中背伸びし過ぎて空回りもしますが、そんな年下男子の努力に気付いた女の子が、最後には振り向いてくれるというストーリーです。 16話 認知症になってしまったおばあちゃんと年下男子が、ひょんなことで出会います。 おばあちゃんは年下男子のことを、すでに亡くなってしまった昔の初恋相手と勘違いします。 最初は戸惑っていた年下男子ですが、おばあちゃんの切ない想いを知った年下男子は、おばあちゃんの初恋相手になりきってあげます。 おばあちゃんは伝えられないままでいた初恋相手への気持ちを年下男子に伝え、やがて長年の後悔が消えていきます。 そんなおばあちゃんの姿を見て、年下男子も「伝えたいことはすぐ伝えよう」「後悔しないように生きよう」と、前向きになるというストーリーです。 20代・女性・きなこさんの次回考察 「オトナのオトコ大作戦」というタイトルをみると、いつも可愛いとばかにされてしまう彼氏が、彼女にカッコいいいつもと違うと思わせるために色々レディファーストを意識し努力するというものがたりだと思います。 また、「にどめのはつこい」は幼いときから好きだった女の子に高校生になったので、思いきって告白して付き合っていたのに 価値観の違いから好きという気持ちが薄れていき一度別れてします。 社会人になってからもお互いに想いを引きずる日々。 ある時、道でばったり二人は再会します。 話してるうちにお互いまだ好きだという気持ちを確認しあい、もう一度付き合うことになったという話だと思います。 次回も楽しみです。 30代・男性・タマさんの次回考察 15話は男子高校生がオトナの男になるために色々な本や情報を集めて目星の女性にアタックする話ではないでしょうか。 ですが初めのうちはうまくいかずに失敗してしまうと思いますが何度か繰り返すうちに成功して付き合うラストが待っていると思います。 16話は初恋をしていた女の子に何年か経ってまた再会するんじゃないでしょうか。 そして、その女の子に二度目の初恋をして告白して付き合う展開になると思います。 やっぱり二つともハッピーエンドです。 ドラマ『年下彼氏』(1話~全話)無料でフル動画を観る方法を解説! ドラマ『年下彼氏』を無料で観たい場合は『』からU-NEXTの31日間無料体験に申し込んでください。 もちろん、無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません。 安心してお楽しみください。 U-NEXTなら メリットがいっぱい!• 見放題作品数No. 無料で アカウントが4つ使えるので 家族みんなで楽しめる• スマホやタブレットに映画やアニメをダウンロード!• 高品質の音と映像• テレビやパソコン、スマホ・タブレット・ゲーム機で楽しめる!• いつでも 解約できる! U-NEXTの入会方法 U-NEXTの入会登録は難しいって思っていませんか? 実はめちゃくちゃ簡単なんです! 管理人が試したところ3分で登録が終わっちゃいました。 【U-NEXTの入会方法】 1. 『』からU-NEXTのページを開きます 2. 『まずは31日間無料体験』のボタンを押します 3. 名前とパスワードを登録して「次へ」を押します 4. そんな人に一言「解約もめちゃくちゃ簡単です」と言っておきます。 むしろ入会よりも解約のほうが簡単でした。 なんとその時間2分! そうは言っても不安になるかたもいらっしゃると思いますので解約手順も書いておきますね。

次の