バッタ 経路。 東に向かうバッタの大群、アフリカからインドに到達 生息範囲広げ「壊滅的な結果もたらしうる」

バッタの大量発生がヤバい!経路は?大量発生したバッタの大群が海を越えて日本にも来るのか?

バッタ 経路

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【サバクトビバッタ】最新の現在地はどこ? サバクトビバッタの現在地は、国際連合食糧農業機関(FAO)のホームページを見ると確認できます。 FAOのホームページで確認できるサバクトビバッタの情報は、2020年5月27日付のもの。 で、最新のサバクトビバッタの現在地は大まかに、 ・ケニア、ソマリア、エチオピアなどを中心とした東アフリカ ・サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東 ・インドの北西部とインドのお隣のパキスタン となっています。 2020年6月2日時点 FAOのホームページには、サバクトビバッタの現在地が示されるデータエクスプローラがありましたので、それぞれの状況を画像で見ていきましょう。 ではまずは、今回の蝗害の発生源となってしまった東アフリカ周辺から。 続いては、サウジアラビアやイラン、イラク、イエメンなどの中近東。 こちらも全体的にサバクトビバッタが繁殖しているのが分かります。 成虫の集団はイラクやイエメンに集中している感じですね。 成虫の集団は東アフリカほどではありませんが、幼虫の数がかなり多いようです。 駆除が追いつかなければ、これらの幼虫もいずれ成虫として増殖、拡大、分散をしていく可能性があるかもしれません。 最後は中国と隣接するインドとその隣のパキスタンです。 インドの北西部がエグいことになっていますね・・・。 ちょっと見づらいですが、パキスタンにも成虫の集団や幼虫がいるのが確認できます。 ちなみに、2020年5月4日のリスクマップでは、インドにサバクトビバッタ存在は確認されていませんでした。 もしかすると、1ヶ月くらいの間に餌を求めて移動したのかもしれません。 下の画像が5月4日のリスクマップ 中国や日本にサバクトビバッタは侵入するのか? インドまでサバクトビバッタが来ているのなら、隣接する中国にも侵入し、いずれに日本にも来るのでは?と思ってしまいますよね。 結論から言いますと、 サバクトビバッタが中国に侵入する確率はほぼないようです。 理由は「広大なヒマラヤ山脈がサバクトビバッタの行く手を阻んでいるから」です。 サバクトビバッタは気温が低くなると飛行できなくなるので、高いヒマラヤ山脈を超えることはまず不可能。 その証拠に中国ではサバクトビバッタの蝗害は歴史上1度もありませんし、 現在も中国に侵入している情報はありません。 突発的な偏西風などで山脈を超える可能性はゼロではないようですが、普通に考えて中国にサバクトビバッタが侵入するのはありえないようです。 中国に入れないのであれば、 サバクトビバッタが日本に来ることもまず考えられません。 「海を渡る可能性もあるのでは?」という声もあるようですが、過去のサバクトビバッタの動きから見てそれも現実的ではないようです。 サバクトビバッタの日本への侵入については別記事にまとめましたので、詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。 関連: 【サバクトビバッタ】今後の移動経路の位置も 東アフリカからインドまで繁殖と拡散をしてきたサバクトビバッタですが、上述したように中国に侵入することはできません。 ではインドまで来たサバクトビバッタは、今後どこに移動するのか気になりますよね? 実は長年サバクトビバッタを追い続けているFAOは、 サバクトビバッタの今後の移動経路の位置も予想してホームページに記していました。 というわけで、早速FAOが示す今後のサバクトビバッタの移動経路の画像を見てみましょう! まずは、被害が拡大しているインドやパキスタン付近のサバクトビバッタの動きから。 その後は赤色の点線で囲んだあたりで夏の繁殖を迎えるんでは?というのがFAOの今後の見方のようです。 インド。 西からラジャスタンに到着した春の育った未成熟な大人のグループと群れは、州の東部を東に移動し、マディヤプラデーシュ州とマハラシュトラ州の中央州に移動し続けました。 5月26日の時点で、少なくとも1つの群れがボパールの北東に達していた。 これらの動きの多くは、ベンガル湾のサイクロンアンファンからの強い西風と関連していた。 制御操作が進行中です。 7月までラジャスタンでは侵略の連続的な波がいくつか予想され、 インド北部をビハールとオリッサまで東向きに急増し、その後西向きに動き、モンスーンに伴う風の変化でラジャスタンに戻る。 これらの動きは、群れが繁殖し始め、移動性が低下すると停止します。 群れは南 インドに到達する可能性が低い、ネパール、バングラデシュ。 引用: 中国へは入れないにしろインド北部に甚大な被害を与えそうですね・・・。 次は東アフリカ付近のサバクトビバッタの今後の移動経路を見てみましょう。 現在東アフリカのサバクトビバッタは、4月~6月に繁殖している個体や集団がインド、パキスタン方面に移動するようです。 先程の「赤い点線の部分に集結するのでは?」ということのようですね。 で、そのほかにもいよいよ西アフリカの方まで移動して、 アフリカの大部分に被害を及ぼすのではないかと予想しているようです。 東アフリカは、 現在の状況は、東アフリカでは非常に憂慮すべきまま ケニア、 エチオピア、および ソマリアは、食料安全保障や生活に前例のない脅威に直面しています。 現在の繁殖による新しい群れは、6月中旬以降に発生し、収穫の開始と同時に発生します。 その後、群れが インドパキスタン国境の両側に沿って夏の繁殖地に移動するだけでなく、 スーダンやおそらく 西アフリカに移動するリスクがあります。 引用: FAOはサバクトビバッタが西アフリカまで行く可能性は少ないとしつつも、繁殖具合によっては 西アフリカも警戒が必要としています。 ちなみに、西アフリカにも砂漠があり元々サバクトビバッタはいるようですね。 2003~2005年には西アフリカでサバクトビバッタの蝗害があったとのこと 一度西アフリカまで移動してしまったら、環境の相性も手伝ってサバクトビバッタがさらに勢いを増す可能性は少なくなさそうです。 【サバクトビバッタ】最新の居場所と今後の動きについてのまとめ 2020年5月27日時点のFAOのデータでは、 東アフリカ、中近東、インド北西部、パキスタンなどがサバクトビバッタの居場所になっているようです。 東アフリカのサバクトビバッタはインド・パキスタン付近へ移動し、 一部は西アフリカまで行くのでは?と予想されています。 あくまで予想なのでこの先さらに勢力を伸ばすのか、落ち着くのかがわかりませんね~。 食用として活用出来ればまだいいのですが、現実的にそれは難しいようです。 日本には来ないとはいえ、地球規模で考えたら相当ヤバいことですよね。 蝗害での食糧不足など、日本人にも出来ることがあるといいのですが・・・。

次の

バッタ大量襲来「リビングにバッタがいて…」 国連が「前例のない脅威」と警告、一体何が?

バッタ 経路

今日、インドでバッタの大量発生のニュースがありました。 インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom バッタの大量発生と聞いてまず頭に思い浮かべるのは、ピクサー映画「バグズ・ライフ」のホッパー率いるバッタ軍団ですが、そんなカワイイもんではありません。 信じられないくらいのバッタの大群ですね。 これは、インドでのことを報じていますが、 実はもっと前から、別の国でバッタの大量発生がニュースになっていました。 これらのニュースをたどってみると 移動経路が見えてきました。 今日は、バッタの大量発生について、その原因と経路について調べてみたことをまとめてみました。 そしてこれらがバッタに関するニュース記事です。 【2020年3月3 日経新聞】 バッタ大量発生、農作物の被害拡大。 アフリカ東部から南西アジアへ波及 国連によると、最も被害が深刻なケニアでは1000億~2000億匹のバッタが約2400平方キロメートルの範囲で農作物を襲っているという。 全て食い荒らされた場合は8400万人分の食糧が失われることになる。 (中略) 内戦や資金不足で各国政府の駆除対策が著しく不足していたことも背景にある。 国連食糧農業機関(FAO)はエチオピアやケニア、ソマリアでは約1200万人が食糧危機の状態にあると指摘。 【2020年3月8日 AFP】 パキスタンでバッタが大量発生 パキスタンでバッタが大量発生し、国内の農業地帯では過去30年間近くで最悪の被害が出ている。 特に農業の中心地で作物が壊滅的な打撃を受け、食料価格の急騰を招いている。 【2020年5月3日Yahooニュース】 「4000億匹」のバッタの大群が中国に迫る 2019年6月にアフリカ東部で大量発生したサバクトビバッタは紅海とペルシャ湾を超え、イランに上陸。 そのまま東へと移動し、中国付近まで到達している。 そしてこれが冒頭のニュース。 【2020年5月30日AFP】 バッタの大群、旅客機の運航に深刻な影響及ぼす インド当局が警鐘 過去30年近くで最悪とされる「蝗害(こうがい)」はすでに、農作物に甚大な被害を与えている。 インドでは新型コロナウイルス対策のため全土で1か月にわたり封鎖措置が実施され、その影響で苦しむ農家に追い打ちをかけている。 (中略) 来月にはさらなるバッタの群れがインドへ飛来すると予想されるため、専門家らは被害がさらに深刻化すると警告している。 c AFP バッタの大量発生のメカニズム なぜバッタが大量発生したんでしょうか? これがバッタの大量発生のメカニズムです。 いつも乾燥している砂漠に雨季がやってくると、バッタのエサになる草が生えてきます。 バッタは餌のあるうちに草を食べ、食べるとすぐに産卵します。 雨季といっても雨が降るのは10日ほどと短く、通常なら草は1ヶ月ほどで枯れてしまいます。 孵化したバッタは、次のエサ場を求めて移動します。 ところが、大雨が降ると草が枯れないので、バッタは移動せずそのまま数世代連続で繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に数が増えます。 つまり、大雨によりエサとなる草があると同じ場所で繁殖し続け大量に発生する、ということです。 そして、大雨も終わり草が枯れ始めると、草の残った狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて過密化します。 (kokaNetより要約) そしてこの過密化が次の悲劇を生みます。 バッタの大量発生は、昔から世界各地で発生していました。 そして空が暗くなるほどのバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らされる被害に合っています。 バッタによる被害を蝗害(こうがい)と言います。 中国では、水害、干ばつと共に蝗害を3大災害と読んでいるそうです。 また、今回のニュースの元になったアフリカでは「神の罰」と呼ばれているそうです。 恐るべきバッタの進化『相変異』 過密化したバッタは次なる悲劇を生み出します。 (バッタにとっては進化なんでしょうけど) 普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」といいます。 相変異(そうへんい)とは、生活条件や、特に個体群密度の変化によって、異なった姿と行動の個体を生じることです。 サバクトビバッタにおいては、もともと単独で生息するのに、相変異によって群で生息するようになります。 さらに翅(ハネ)が長くなり、飛行距離が伸びるようになります。 (すごい進化です!) 密集によるぶつかり合いと、そのときの接触刺激に反応して相変異が引き起されることが、実験によりわかってきました。 (図はWikipediaより:上が孤独相、下が群生相) また、群生相になると 1日に100km以上も飛ぶようになるそうです。 (kokaNetより) 今回のバッタの大量発生の原因は? バッタの大量発生のしくみは上記のとおりですが、今回の発生原因はなんでしょうか? 専門家の説明によると今回のバッタ大量発生の原因として考えられるのは「インド洋ダイポールモード現象」という異常気象なんだとか。 これは、アフリカ近くのインド洋西部の海面温度が通常より上昇する一方で、インド洋東部の海面温度が通常より低下する現象です。 これに現象によって多くの水分が大気中に蒸発して雨雲を作り、連日大雨を降らす、という仕組み。 そしてその異常気象の原因は地球温暖化。 つまりは人間が生み出した公害ともいえる、と記事は言っています。 (2020. 12週刊現代記事より) 日本への影響は? 現在、中国まで迫ってきたバッタの群れですが、今後、中国大陸を横断し、海を超えて日本まで飛来する可能性はあるのでしょうか? 過去の例から考えても、海を超えて飛来する可能性は低そうですが、今後の相変異によって、もっと長距離を飛べるようになったら、いつか海を超えて日本に飛来する日もやってくるかもしれませんね。 現時点で、日本に影響があるとすれば、バッタによるものではなく、気候が影響を受けて「冬がなくなること」です。 その理由は、インド洋ダイポールモード現象によって日本に流れる「偏西風」の流れが変わるため。 日本に流れ込む北からの寒気を偏西風が北に押し上げるかたちになり、日本では冬なのに気温が高くなるという現象が起こるそうです。 日本でも2007年にバッタが大量発生したことがある 今回のインドパキスタンほどの規模ではないにしても、日本でも過去にバトノサマバッタが大量に発生したことがあります。 そのときのバッタの種類は今回のサバクトビバッタではなくトノサマバッタでした。 2007年、関西国際空港拡幅のための二期島工事中に、トノサマバッタが大量発生し、駆除の作業に追われました。 乾燥地帯ではない日本でなぜ大量発生したのか原因は不明ですが、海の上の埋め立て地という新しく造成した土地で、天敵がいないことも原因ではないかと言われています。 まとめ インドを襲ったバッタの大群のニュースをきっかけに、バッタの移動経路や、大量発生の原因について調べたことをまとめてみました。 農作物に被害をもたらす バッタの大量発生の原因は、豪雨やサイクロンという異常気象が一つの原因といわれています。 そして、その異常気象は人間の活動による地球温暖化だと指摘する専門家もいます。 このコロナ渦の最中、追い打ちをかけるような出来事ですが、今後の動向に注意したいですね。

次の

バッタ予報官って何??実はめちゃくちゃ重要な職業‼ Dちゃんねる

バッタ 経路

実際どうなの課 ぜんそく薬 すっぴん きくちゆうき いじめ YouTube UZI LINE twitter TikTok TBS Switch R-1ぐらんぷり PayPay NANAMI Mrs. 今回なぜこのバッタ予報が表に出たかというと、日本ではあまりなじみのない バッタの大量発生が発端となっています。 蝗害の歴史は古く、中国は殷の時代に書かれた甲骨文にも記録が残されているそうです。 また、その被害もすさまじく、発生するたびに農作物は荒らされ人々は食糧難に陥っていました。 こういったバッタの大量発生のよる食糧難へ対抗するために、バッタ予報という技術が発達していったようです。 蝗害の歴史 過去の記録として次のようなものがあります。 中国 5世紀頃から政府の取り組みについての記録も増え、北史には北魏の文成帝の時代に官庫を開いて窮民を救済した旨の記述がある。 宋代になると本格的な対策が考えられるようになり、12世紀には朱子が晩に火を焚いて飛蝗を誘い込む方法を提案している元代に書かれた『大元聖政国朝典章』には蝗害予防の方法が記されており、村(当時は社と記した)単位での管理や予防が共同体約定と言う形式で事実上義務化されていたことがわかる。 ただし蝗害は依然として重大な被害を与えており、元崩壊の原因のひとつになっている。 現代でも蝗害は無くなったわけではなく、2005年夏には海南省を飛蝗が襲っており、1平方メートルあたり350-500匹、飛来面積は220万畝に上っている。 wikipedia抜粋 歴史が古い中国では古くから被害があったことがわかります。 中東~南アジア 1980年代のアフガニスタンでは、モロッコトビバッタが猛威を揮っており、酷い所では16,000haが被害を受け、紛争と重なって深刻な飢餓を引き起こした。 国際連合食糧農業機関(FAO)はカルザイ政権ができた2002年からバッタ対策を開始し、2005年5月頃の一掃作戦ではバッタの発生時期に合わせた幼虫の駆除に成功している。 アラビア半島南部のイエメンでは2007年、サバクトビバッタの大発生の可能性が出てきた。 ルブアルハリ砂漠で大発生したバッタが南下し、イエメン国境付近で産卵したため、この2世代目が大被害を与える可能性が高くなっている。 そのため、国連中央緊急対応基金 Central Emergency Response Fund は240万ドル、日本政府は200万ドルをイエメン政府に援助し、重機材や農薬、専門家雇用のために使われている。 wikipedia抜粋 こちらは近年の状況です。 中東やアフリカではいまだにバッタ対策に頭を悩まされています。 ただ、このバッタ予報官が話題になる裏では、尋常でないバッタ大量発生が起こっているという事実もあります。 ケニアでは、過去70年で最悪の事態となっているようです… きっかけは何であれ、世界で起こっている問題にみなさんが少しでも耳を傾けていただけば幸いです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!•

次の