宮崎 カプセル ホテル。 大浴場 マリノーヴァ

ホテルマリックス カプセルルーム&大浴場サウナ【楽天トラベル】

宮崎 カプセル ホテル

設備・ルール• Wi-Fi -• 電源 -• 作業スペース -• 漫画 -• アカスリ -• 岩盤浴 -• タトゥー - アメニティ• コンディショナー -• フェイスタオル使い放題 -• バスタオル使い放題 -• サウナパンツ使い放題 -• ビート板使い放題 -• 乳液 -• メイク落とし -•

次の

宮崎のおすすめカプセルホテル・格安ホテル5選!価格順にご紹介!

宮崎 カプセル ホテル

ご協力ありがとうございました。 夜8時より翌朝10時まで、仮眠室利用なら2,200円という安さで、サウナのある大浴場を自由に使えるのが魅力です。 カプセルは2,900円ですが、僕は窮屈なカプセルより広い仮眠室の方が好きです。 JRの宮崎駅からまっすぐ歩いて15分。 商店街や飲食店街に比較的近く、すぐ側にも居酒屋やコンビニがあります。 カプセルとの共用フリースペースに、ソファー、机、椅子がいくつかあり、新聞、雑誌等をゆっくり読むことができます。 机を使ってレポートを書いている学生さんや、パソコンで仕事を片付けているビジネスマンも見かけます。 館内禁煙ですが、カプセルとの共用喫煙室があり、喫煙者も安心してくつろげます。 仮眠室は、リクライニングソファー 20人分位?)と、床寝スペース 12人分位? に分かれていて、床寝スペースは一人用のマットがきれいに並べてあります。 隣の人との仕切りは特にありませんが、たまに寝相の悪い人の足とぶつかるくらいで、困ったことはありません。 5、6人位の利用のことも多く、意外にゆっくり手足を伸ばせます。 いびきのうるさい人がいたときは、フロントに申し出れば、対処してくれます。 フロントはとても親切です。 大浴場はホテル宿泊者も利用するので、時間帯によっては風呂が混み合うこともあります。 スポーツ関係の若者グループが大勢入浴していて、なんだか自分もサークルの一員になってしまったようなこともありましたが、それはそれで旅の味のように思います。 PTAの全国大会があったらしく市内の宿泊が全滅という状況で男性専用ということを念押しの確認の末利用。 何とかリクライニングシートは押さえられたが。 仮眠室利用は20時以降の受付とのこと。 館内のつぼ八でも宮崎名物が食べられるので、めんどぐさがりにはいいかも。 あと、バスは千草町が最も近いです。 先月、このパッケージツアーで利用しましたが、出発日にもよるけど、日にちが確定している旅行であれば大変おトクです。 駅からホテルまで分かりやすいけど、入り口は分かりにくいです。 受付でJ社のクーポンを見せても、めったにこの利用がないのか、どうしてよいか分からないようでした。 別の係員が出てきてやっとわかったようで、そうしたら今度は受付から飛び出してきて「こちらがお客様のロッカーです、こちらが浴室、カプセルはこちらで・・・」と案内をしてくれました。 親切はうれしいけど、まわりは何事かという感じで、恥ずかしかったです。 食べ物の持ち込みができて、食べるスペースがあります。 サウナ入り口には下に敷くタオルが常に用意されていて衛生的です。 ところで、P旅行会社でこのツアーを申し込んだところ、ホテルの案内にくれたのは、なんとこのHPのページをそのまま印刷したものでした。 以前にJ旅行会社では、ちゃんと旅行会社作成の案内をもらいまたが、案内図の引き出し方が分からなかったのでしょうか。 笑ってしまいました。 宮崎駅西口から徒歩で15分ちょっと掛かりました。 正面から入るとホテルのロビーになっていますが、右手奥に進むと当設備の入り口があります。 新しい設備で従業員の方も非常に対応が良く好感持てたのですが、カプセル個室内の空調が冷風が出ず、少し寝苦しかったのは気になるところでした。 ¥2,100の仮眠部屋もあるので、そちらでも良かったかも知れません。 終日営業の弁当屋が隣接していたり、コンビニも近くにありますので食料調達には全く不自由しないところはGOODです。 当時宮崎市内の情報は掲示されていなかったので、自力で探したのですが、今日拝見したらMARIXの情報が掲載されていたので相乗りで書き込みします。 私は、ホテルラグーン シングル +温泉ぱうぱうの組み合わせで利用しました。 ホテルマリックスのすぐそばにあります。 但し、総額で1泊6000円位になったと思います。 お風呂に関しては、種類、大きさとも文句なし。 特に、2時間おき位に実施されるロウリューがすばらしかった。 (最近はラクーアでもやってますが、体感的にはその2倍ぐらい効果があります。 始まる前にあるものが配られます。 その感覚を楽しみながらのロウリューはなかなかのものでした・・・。 ) 仮眠室の音やその他を気にするくらいなら、この投資は安いと個人的には思いました。 宮崎では、カプセルホテルという文化がない?ようですから、お値段重視ならMARIXで、快適さ重視ならラグーンでというのがよいのではと思います。 ホテルに併設された小じんまりとしたところで、浴槽は足を伸ばせる程度の広さで種類も少なく、また仮眠室は2部屋あり、それぞれ仮眠マットとリクライニングシートがありますが、数は少なく休前日は混雑が予想されます。 2,100円の安宿と割り切って利用しましょう。 自販機のジュースは定価で好感が持てます。

次の

お知らせ

宮崎 カプセル ホテル

延岡市で人気のおすすめカプセルホテルをご紹介します。 最近旅行や出張の宿泊先として人気のカプセルホテル。 以前はカプセルホテルと聞くと「暗そう…」「狭そう…」「安全面大丈夫?」などネガティブなイメージを持たれてる方が多かったでしょう。 しかし今人気のカプセルホテルは、ネガティブなイメージとは程遠く女性が一人でも泊まれるような安全で綺麗な宿泊施設に進化しています。 大浴場、コワーキングスペース、カフェ併設など「ただ寝るだけの場所」から快適に滞在できる場所に変化しました。 カプセルホテルは、1泊3,000円前後〜とビジネスホテルなどに比べリーズナブル。 なのにビジネスホテルと同じようなアメニティをそろえているカプセルホテルもあります。 また首都圏を中心にカプセルホテルの数は増え利便性がいいこともカプセルホテルの利用者が増えてる理由です。 「安い」「便利」「快適」がそろっているカプセルホテル。 ぜひ利用してみてくださいね。 カプセルホテルとは? カプセルホテルとは、部屋の中にカプセル状の部屋が上下2段に並んでいる簡易宿泊施設です。 カプセルホテルは日本の独特の宿泊スタイルと言われていて、海外だとホステルと呼ばれるドミトリータイプの部屋を持つ形態に近いでしょう。 カプセルホテルの一般的な部屋の広さは、大人が一人が寝られる広さでカプセル内では立つことができません。 カプセルホテルの個室にあるのは、セキュリティボックスと電源プラグです。 設備が充実しているカプセルホテルでは、テレビ、収納、ハンガーなどがある場合もあります。 トイレやシャワールームなどは共用です。 また最近では天井が高くホテルの個室に近いようなカプセルホテルもありゆっくり滞在を希望する方に人気があります。 大浴場があるカプセルホテル 最近は、大浴場の設備があるカプセルホテルが人気です。 カプセルホテルは狭くて居心地が悪いというイメージがある方もいるでしょう。 しかし最近のカプセルホテルには、くつろげる大浴場の設備があるカプセルホテルもあります。 タオルのレンタル、シャンプー、リンス、他アメニティーなども充実しているため女性の方でも利用しやすいでしょう。 旅行や出張の疲れをとってゆっくり眠りたい方は大浴場の設備があるカプセルホテルを選ぶことがおすすめです。 セキュリティーが充実 カプセルホテルには、各部屋に扉がないため鍵はついていません。 そのため多くのカプセルホテルでは、各部屋に鍵付きのセキュリティーボックス、または専用ロッカーが用意されています。 なので安心して貴重品を管理できます。 また大きな荷物がある場合は、フロントに預けたり、鍵付きの収納場所もあるため長期旅行でも安心して利用できるでしょう。 また受付には常時ホテルスタッフがいたり、フロアごとに専用カードなどが用意されているカプセルホテルもあります。 カプセルホテルを利用する際、セキュリティに不安を感じる方でも安心して利用できます。 カプセルホテルに泊まるなら上と下どちらがおすすめ? カプセルホテルの基本的な設計は、カプセル状の部屋が上下2つに並んでいます。 予約をする際、上または下を選ぶことが可能です。 出入りを重視されるのであれば下がおすすめ。 カプセルホテルによっては、上へ上がるためのはしごが使いづらく、出入りに不便を感じる場合があります。 しかし音が気になる方には上のカプセルがおすすめ。 下のカプセルの場合、上に宿泊されている方の出入りの音が気になる場合があります。 「出入り」と「音」どちらを重視されるかによって選ぶことがカプセルホテルで快適に過ごすポイントになります。 広告 カプセルホテルの利用はネット予約がおすすめ カプセルホテルの利用には、ネット予約が断然おすすめです。 もちろん直接カプセルホテルの受付で空室があればチェックインすることは可能です。 しかしネット予約と直接ホテルに行く場合の価格を比べると数千円もの差がある場合があります。 またネット予約だとタイムセールなどされている場合、格安で宿泊するこも可能!カプセルホテルを利用する時は、ネット予約でお得に宿泊しましょう。 敷地内には100台の有料駐車場があるほか、館内には無料のパソコンとプリンターが設置されたビジネスサロン、アルコールもある自動販売機、製氷機、コインランドリー、バンケットホール、宴会場、朝食から夕食まで郷土料理などが楽しめるレストランがあります。 全125室の白を基調とした落ち着いた雰囲気の客室には、16~19㎡のシングル、24㎡のダブル、26㎡のスタンダード・ツイン、32㎡のハンディキャップ・ツイン、36㎡のデラックス・ツイン、72㎡のエグゼクティブ・ツインがあります。 全客室には、バス・トイレ・冷蔵庫・無料Wi-Fi・ボディーソープ・シャンプー・コンディショナー・バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル・歯磨きセット・ひげそり・ブラシ・綿棒・ナイトガウン・スリッパ・ドライヤー・煎茶・ほうじ茶などが備わっています。 エントランスを入るとグレーの床と茶色の壁が重厚感を漂わせるフロントに続き、木の風合いを感じさせる調度品を揃えたロビーに繋がります。 館内には男女別のラジウム人工温泉大浴場が有り、併設のリラクゼーションルームでのんびり寛げます。 館内レストランは夜の営業となり、無料の朝食は花茶屋にて用意されます。 全159室ある客室は、シングル・ダブル・ツインと各種用意され、バリアフリールームも1室用意されています。 禁煙ルームの設定もあり、環境を気にする人に喜ばれています。 全室Wi-Fi接続無料。 全室バス・シャワー付きトイレ・冷暖房・テレビ・空きの冷蔵庫完備。 シャンプー・歯ブラシ・ボディーソープなど基本アメニティも充実しています。 有料駐車場も用意されており、車利用の人にも安心のホテルです。 フリーチェックアウトポストが設置されており、チェックアウトに時間がかからないので、朝の忙しい時にも大変便利になっています。 館内には、コインランドリー、電子レンジ、製氷機などの用意があり、長期滞在時にもぴったりです。 客室は、全室Wi-Fi完備、3Dメッシュ枕採用、枕元コンセント完備、遮光カーテン採用など快適に過ごすことができる工夫がされています。 客室タイプは、シングル、ダブル、トリプルの3タイプから選ぶことができ、お一人様から家族連れまでさまざまな人におすすめです。 ホテル周辺には、コンビニや居酒屋、レストランなどが立ち並んでおり、気軽に食事を済ませることも、外食をゆっくりと楽しむこともできます。 また、朝食は、館内のレストランで味わうことができ、前売り券を購入するのがお得でおすすめです。 内容は、和・洋30種類もの料理が揃うバイキングになっており、老若男女問わず好評です。 全国で408のホテルを展開しているアパホテルのひとつです。 部屋は全部で192室あって、低料金で宿泊サービスを行っています。 すべての部屋に大型液晶テレビ・アパルームシアター(VOD)・空の冷蔵庫などが装備されています。 すべての部屋は禁煙室です。 すべての部屋で無料Wifiが使えて、パソコンの貸し出しも行っています(有料)。 ホテル内には大浴場やサウナも完備されていて、宿泊者は無料で利用できます。 客室のカードキーを使用する「エレベーターセキュリティシステム」は、防犯性に優れています。 フロントでは羽毛枕や毛布などの貸し出しも行っています。 レストランは朝食会場として利用しています。 6:30~9:30の間、バイキング形式で提供しています。 チェックアウトは遅めの11:00になっていて、朝でものんびりと過ごすことができます。 全国に展開している有名ホテルならではの、親しみやすいサービスが受けられます。 延岡市役所前に建ち、繁華街にも大変近く便利な立地のビジネスホテルです。 「フレンチ・クラシックの調和」をコンセプトに、まるで外国に訪れたかのような雰囲気の装飾などで迎えてくれます。 客室のベッドには、デュベカバーを採用、無料サービスのインスタントコーヒーやお茶などがロビーに用意されており、いつでも好きなものを部屋へ持ち帰って飲むことができるなどサービスの良さが評判です。 さらに、アメニティには、DHCを採用しており、女性にも大変好評になっています。 館内には、ランドリーコーナーがあり、無料でズボンプレッサーやアイロンなどの貸し出しも行ってくれるので、長期滞在にもぴったりです。 さらに、無料で利用できる電子レンジも用意されており、コンビニなどで購入して気軽に食事を済ませるのにも最適です。 また、2階にあるレストランでは、朝食バイキングを開催しており、宮崎の郷土料理をはじめ、作り立ての和・洋さまざまな料理や、コーヒー、紅茶、ジュースなどのドリンクやヨーグルトなどの充実した内容で、コストパフォーマンス抜群になっており大変好評です。 エントランスを入るとグレーの床面に通路部分のみ絨毯が敷かれており、フロントは濃いグレーと茶色が印象的です。 天井付近は白のためコントラストを生かした配色。 落ち着いた色合いの客室内は、間接照明を生かして柔らかい印象を与えます。 全87室ある客室はシングル77室と多めで、ダブル8室、ツイン2室の構成。 ビュッフェスタイルにて提供される朝食は、予約者が少ない日は定食メニューにて提供されます。 全室Wi-Fi接続無料。 全室バス・シャワー付きトイレ・冷暖房・32型薄型テレビ・衛星放送・空きの冷蔵庫完備。 シャンプー・コンディショナー・ボディーソープなど基本アメニティも充実しています。

次の