ポケモン 剣 盾 バタフリー。 【ポケモン剣盾】「バタフリー」も活躍できるシングル環境 キョダイマックスより通常運用の方が強いよね

バトンタッチバタフリーの使い方&対策【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 バタフリー

どうも、しんま13です。 僕が考案したわけでじゃないですが、害悪型のバタフリーとタイプヌルの構築がマジで強かったので当ブログで紹介していこうと思います。 考案者はポケモン実況者のTonさんです。 バタフリーの基本スペック(種族値や特性など) まず最初にバタフリーの基本スペックをみていきましょう。 バタフリーの種族値 HP 60 攻撃 45 防御 50 特攻 90 特防 80 素早さ 70 :タイプ 虫・飛行 :特性 ふくがん :夢特性 色眼鏡 合計種族値は395。 バタフリーは初代から存在しているポケモンであり、登場当初は強力な虫技がないことに加えて、素早さの種族値も微妙だったために誰も使っている人はいませんでした。 そもそもバタフリーは虫タイプなのに一切虫技を覚えず、唯一の打点がタイプ不一致のサイケ光線のみというしょぼさ。 弱点も多く、岩が4倍、2倍が炎、氷、飛行、電気の5つ。 スペックをみる限り開発者の愛が全く感じられないモブ中のモブポケモンです。 そんなバタフリーがルビーサファイアから特性「ふくがん」を獲得。 これにより技の命中率が1. 3倍補正がかかり、眠り粉がほぼ必中で撃つことができるという強みを得ます。 (眠り粉の命中率は実数値で97%にまで跳ね上がる) この眠り粉を必中で撃てる性能を活かしたのが今回紹介する害悪型バタフリーとタイプヌルの構築です。 【バタフリーの育成論】害悪型。 この型のやることは、 1. 眠り粉で相手を眠らせる 2. 身代わりを張る 3. 蝶の舞でC、D、Sを上げていく 4. 十分舞ったら暴風で相手を倒していく です。 特性ふくがんにより眠り粉がほぼ必ず当たるため、相手が眠ってる間に身代わりを張って安全圏から蝶の舞で積んでいくという戦法です。 努力値配分はSに全振り、身代わりを張るためのHP調整をしつつ、余った努力値は防御に振るという仕様。 食べ残し込みで計5回身代わりを張ることが可能です。 如何せん耐久がぺらぺらなので、自分より素早さが高い相手に対して投げるとワンパンされてしまうため、基本は自分より素早さが低い相手に投げて安全に眠り粉を撃つようにしましょう。 バタフリーとタイプヌルの構築で安全にバタフリーを召喚していく タイプヌルの強みは「しんかのきせき」を持たせることにより耐久力が保証されている点と、素早さの遅さを活かした後攻とんぼかえりで味方を安全に召喚することができるという2点です。 しかもヌルは凍える風を覚えるので、相手の素早さを下げることも可能。 つまり、ヌルを使うことにより、ヌルを経由して安全にバタフリーを召喚することができるだけではなく、バタフリーより素早さが高い相手にはヌルの凍える風で素早さを下げてバタフリーで抜くことができるのです。 実際に使ってみた感想 バタフリーよりSが遅い相手に対してヌルの後攻とんぼかえりでバタフリーを投げるという動きを徹底していれば、相手に何もさせないまま完封できました。 というか、このヌルフリーコンボが決まると高確率で回線を切断されます。 相手視点からすれば、バタフリーが蝶の舞で2回舞ってしまうとドラパルトでさえ上を取ることができないので、上から眠り粉をかけられてボコされるという展開は免れることができません。 そりゃ回線を切断したくなりますよね。 まだこのヌルフリー構築で対戦回数をそこまで重ねたわけではないですが、今のところ一回も負けてはいないです。 この型のコンセプト上バタフリーのHP管理は非常に重要なのでステロを巻かれたらジ・エンドになるため、相手のパーティにカバルドンなどのステロ要員がいたら選出しない方がいいでしょう。 実際受け回しパーティを使ってた時によくロトムにこだわりトリックをされたものです。 このバタフリーもこだわりトリックされたらジ・エンドなので十分注意した方がいいでしょう。 ただ、身代わりを張った状態であればトリックは外れます。 おわり この害悪バタフリーヌル構築はチート級に強いので勝てずに悩んでいる人は一度使ってみてはどうでしょうか。 ではでは。 でした。

次の

ポケモン剣盾バタフリーの対策を考察。急増中の眠り粉身代わり型の突破方法は?

ポケモン 剣 盾 バタフリー

使ってくるポケモンを一撃で倒すのは難しい 誰でも思いつくのが、催眠系の技を使われる前に倒してしまおうというものでしょう。 ですが、寝かせてくるポケモンを上から一撃で倒すという手法は正直難しいです。 催眠技を使ってくるポケモンが多種多様であり、耐久に努力値を振っていることも考慮すると、全てのポケモンに対応することはできないからですね。 バタフリーなどの紙耐久ポケモンは気合の襷を持っていることが多いことも理由に挙げられます。 バタフリーだけを見るのならドリュウズやマンムーの岩技をロックブラストにすれば対応できたりはしますが、ゲンガーのようなポケモンを連続技で仕留めるのは難しいでしょう。 技で対策する 最もスマートな催眠対策として、技での対応が挙げられます。 いずれも先手を取る必要がある点には注意しましょう。 ちょうはつ 「ちょうはつ」という技は、催眠だけでなく他の変化技も防げるので汎用性が高くよく使われています。 攻撃技を打たれたらディスアドバンテージになってしまいますが、挑発を打ちたい相手は火力のないポケモンがほとんどであることから、それほど気にする必要はないと思います。 みがわり 「みがわり」は状態異常系の攻撃を無効化することができるので、早いポケモンであれば上から身代わりを貼るのも有効です。 身代わりも挑発と同じように汎用性が高く、覚えるポケモンも多いので、構築を歪めずに対策できるのが素晴らしいです。 さわぐ 「さわぐ」を使うと3ターンの間、場にいる全てのポケモンが眠り状態にならなくなる効果があります。 しかし、技が固定されてしまうので同じ音技である「ハイパーボイス」が優先されて採用されることが多く、実戦で見かけることはほぼありません。 しんぴのまもり 「しんぴのまもり」は5ターンの間、状態異常にならなくなる壁を貼る効果があります。 シングルではあまり使われていませんが、ダブルバトルでは「いばる」との組み合わせが強力でよく使われていました。 挑発と違い、交代されても効果が残り続けるという点があるので覚えておくと良いでしょう。 上の記事でも紹介しているのですが、ミストメイカーとエレキメイカーを持つポケモンはそれぞれ1種類のみ存在しています。 マタドガス(ガラル)• バチンウニ これらのポケモンを採用してエレキフィールドやミストフィールドを貼ることで、浮いていないポケモンは眠り状態にならなくなります。 ミストフィールドは眠りだけでなく全ての状態異常にならなくなるので、すごく魅力的ですね! ダイマックスわざで対策する ダイマックスわざの中には、上で紹介した『ミストフィールド』や『エレキフィールド』を貼る追加効果のあるタイプがあります。 フェアリータイプのダイマックスわざでミストフィールド、でんきタイプのダイマックスわざでエレキフィールドを貼れるので、それで対策するのも良いでしょう。 あくびを受けた次のターンにダイフェアリーでミストフィールドを展開すると、あくびの効果で眠らなくなるので、後出しでも有効な数少ない対策だったりもします。 持ち物で対策する 眠りを持ち物で対策するのも一般的です。 ラムのみ・カゴのみ 全ての状態異常を治す「ラムのみ」と眠り状態を回復する「カゴのみ」がありますね。 ただし、催眠対策だけで見た場合、ラムのみやカゴのみは腐ることが多いのも考えものです。 ラムのみは、物理アタッカーや高速アタッカーに持たせて鬼火や電磁波への対策も兼ねると発動機会に恵まれると思います。 カゴのみを持たせるポケモンには、「ねむる」を覚えさせて全回復する動き(通称:「ねむカゴ」)も取り入れるのが鉄板です。 かえんだま・どくどくだま ポケモンの状態異常は混乱を除き重複しないため、自ら毒や火傷になることで眠り状態にならなくなるといった動きが可能です。 それを叶えてくれるのが「かえんだま」と「どくどくだま」といった道具になります。 状態異常時に強くなれる「こんじょう」や 「ポイズンヒール」の特性を持ったポケモンに持たせるのが一般的ですね。 発動に1ターンかかるのがネックですが、あくびにはめっぽう強いので採用の価値はあるでしょう。 カイリキー• ブースター• ローブシン• ナゲキ• タチフサグマ 粉系のみの対策 催眠系の技は基本的に命中不安ですが、「ねむりごな」や「きのこのほうし」といった命中率の比較的高い技があります。 この2つの技だけを対策できればいいというケースであれば、以下のものを採用してみるのもいいかもしれません。 くさタイプのポケモン くさタイプのポケモンは粉系の技の効果を受けません。 草タイプは弱点が多かったり、技の通りが悪かったりと採用しにくいタイプではありますが、催眠対策として有能なのでなるべく採用していきたいところです。 ぼうじん・そうしょく 草タイプ以外でも粉系の技の効果を受けない特性として「ぼうじん」があります。 また草タイプの技全般を無効にし、自身の攻撃力を上げる「そうしょく」といった特性もあります。 地味に便利な特性なので、覚えておくといいかもしれません。 ヌメルゴン• ジジーロン ぼうじんゴーグル 粉系の技を無効化する「ぼうじんゴーグル」といった道具もあります。 ですが、「ラムのみ」のほうが汎用性が高いので、この道具を持たせることはあまりありません。 ぼうじんゴーグルは催眠対策としてだけではなく、ダブルバトルにおける「いかりのこな」で相手に攻撃を吸われないといった面に意味を見出せたケースで採用されていく道具になります。 眠り状態を回復させる 寝かされるのは諦めて、眠り状態を回復していこうという対策もあります。 技で回復する 技には控えのポケモンの状態異常を回復させる効果をもつものがいくつかあります。 いやしのすず・アロマセラピー 「いやしのすず」と「アロマセラピー」は、控えのポケモンを含めた味方の全てのポケモンの状態異常を回復するという強力な効果があります。 技の効果は同じですが、いやしのすずは「ぼうおん」の特性を持つポケモンに効果がなく、アロマセラピーは「そうしょく」の特性で無力化されてしまう点が微妙に異なっています。 (控えのポケモンは特性に関係なく回復するというややこしい仕様になっています…) なお、ポケモン剣盾にいやしのすずを覚えるポケモンはいないようです。 キレイハナ• フレフワン• ブリムオン その他 その他にも、誤魔化しレベルのものであればいくつか催眠対策が存在します。 ねごと・いびき 眠り状態でも使える「ねごと」と「いびき」という技があります。 いびきは威力が低いので滅多に使われることはありませんが、スキンの特性持ちであれば使う機会もあるかもしれません。 ねごとは自分の覚えている技からランダムに繰り出す技なのですが、自身で眠ると組み合わせた場合(通称:「ねむねご」)以外では、寝ているターン数をコントロールできないため扱いが非常に難しい技になっています。 眠るなしで寝言を採用するのは、ニンフィアやウオノラゴンといった技範囲の狭いポケモンにこだわり系の持ち物を持たせたケースくらいでしょうか。 マジックコート 「マジックコート」という技は、発動ターンのみ特性「マジックミラー」の効果を得られるといった技になっています。 結局の所、読み合いになるのであまりおすすめできる対策方法ではありませんが、うまく決まると戦況を大きく動かせるので採用する価値はあるでしょう。 トリックガード 「トリックガード」という技は発動ターン、味方への変化技も含めて全て無効化する特性を持っているダブル用の技です。 6世代ではダクホドーブル対策として、ドーブル自身が採用していることがありました。 覚えるポケモンがかなり限られている激レアな技だったりします。 なやみのタネ 「なやみのタネ」は相手のポケモンを「ふみん」に変える効果があります。 ダブルバトルで味方に打つことで催眠対策ができ、相手の特性を消す用途にも使うことができる便利な技となっています。 ふういん 「ふういん」は自身の覚えている技を相手に使えなくさせるといった技です。 キュウコンやゲンガー、サーナイトなど催眠術が覚えるので、実用性はともかくとして「さいみんじゅつ」を封印していくといったことが可能です。 うるおいボディ・リーフガード 天候で状態異常の対策ができる「うるおいボディ」や「リーフガード」といった特性があります。 ですが、基本的に別の特性が優先して採用されるため、これらの特性が採用されることはほとんどありません。 こだわり系の道具をトリック(すりかえ)する 催眠技を使う側のポケモンも、相手を寝かせたあとは別の行動をしたいことが多いことから、こだわり系の持ち物を押し付けるのも有効です。 ですが、根本的な解決にはならないので、他にも対策を用意しておいたほうがいいとは思います。 ダイマックスでこだわりを解除してくることも考えられますしね。 後攻でとんぼがえり、ボルトチェンジを使う(あくびのみの対策) あくびは次のターンに寝かせるといった技ですが、この技の厄介なところは寝かせるまで連打することができる点です。 このループから抜けるための方法として、相手のあくびを覚えているポケモンより素早さの低いポケモンで、とんぼがえりやボルトチェンジを使うといった対策があります。 あくびを覚えるポケモンは素早さの低いポケモンが多いので、あまり有効な場面はないかもしれませんが、こういった対策があるということを覚えておくと良いでしょう。 まとめ 催眠対策には色々な方法があることがわかりました。 挑発や身代わりであれば組み込みやすいので、基本的にはこの2つで対策していくのがいいかと思います。 余裕があれば、ラムのみやかえんだまを持たせたポケモンも採用していきたいところですね。 8世代で登場したブリムオンは、マジックミラー持ちの中でも屈指の性能を誇っているので試してみるのもいいと思います。 特性で言えば、防塵にも比較的優秀なメンツが揃っていますね。 催眠対策に気を取られて構築の完成度が落ちてしまうことは避けたいです。 自然な形で催眠対策を取り入れていきましょう!•

次の

バトンタッチバタフリーの使い方&対策【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 バタフリー

バタフリー 種族値 HP 60 攻撃 45 防御 50 特攻 90 特防 80 素早 70 むし ひこう 合計種族値 484 特性 ふくがん わざの命中率が1.3倍になる いろめがね (隠れ特性) 「効果はいまひとつ」のわざを使ったときに与えるダメージが2倍になる。 バタフリーの特徴 ふくがんで命中率アップ バタフリーは特性「ふくがん」で命中率が低い代わりに強力な技を使うことが可能です。 特に命中率75%である「ねむりごな」を特性で命中率97%まで上げることによって、ほぼ確実に相手をねむり状態にさせる戦法が有名です。 対策されていないパーティ相手であればバタフリー1体で崩壊させることができるでしょう。 バタフリーを使っていなくても、環境でよく見る場合は必ず対策することをおすすめします。 サポート技も豊富 バタフリーは味方の素早さを上げる「おいかぜ」や積み技の効果を引き継ぐことができる「バトンタッチ」を習得します。 敵を眠らせた後に自ら「ちょうのまい」を積んでいくエースとしても使えますが、起点作り役としても十分活躍可能です。 キョダイマックスも可能 現在ランクマッチで使用することは出来ませんが、バタフリーにはキョダイマックスも存在しており、特別な技を使うことができます。 キョダイコワクはバタフリーがむし技を使ったときに発動し、3種類の中からランダムな状態異常にさせることが可能です。 Bはドラパルトのドラゴンアローを耐えるために残りの努力値を振っています。 Sは最速であり、蝶の舞1積みで最速130族抜き、2積みで最速スカーフ110族抜き、3積みでスカーフドラパルトを抜くことが可能です。 基本的な動きとしては、バタフリーよりも素早さが低いポケモンと対面して、上から眠り粉を使っていくことになります。 バタフリー自体の素早さは高いとは言えないので、上手く対面を作り出すか他のポケモンでサポートしてあげるといいでしょう。 一度相手を眠らせた後は、身代わりを貼り、蝶の舞で相手の裏のポケモンが抜けるようになるまで素早さを上げていきます。 草ポケモンや特性「ぼうじん」などの対策方法を持ったポケモンがいなければ、これだけで抜きエースとなれるはずです。 剣盾では意図的に編成しなければパーティに入ってこないことが多いので、バタフリーが流行っていると感じたらパーティを見直してみましょう。 おすすめポケモン カットロトム くさ・でんきタイプでひこう等倍 でんき技で弱点をつける ナットレイ くさ・でんきでひこう等倍 耐久が優秀なポケモン ダイサンダーで対策 ダイサンダーの追加効果である「エレキフィールド」には電気タイプ技の威力を上げる他に、眠り状態にならなくなるという効果があります。 電気タイプの技を持っているだけで対策出来るのでおすすめですが、バタフリー相手にダイマックスという手札を切ってしまうということなので相手の後続や戦況を良く判断して行いましょう。 特性で対策 変化技や眠り状態に対する耐性がある特性を持ったポケモンでも対策することが可能です。 対策できるポケモンは意外に多いので、可能であれば複数のポケモンを編成しましょう。

次の