車 廃車にする。 おすすめ廃車買取業者ランキング!口コミや評判のいい業者を徹底比較

廃車費用(料金)は総額いくらかかるのか?

車 廃車にする

「廃車したいけど、どうしていいかわからない」 「専門用語が多くて困る…」 「結局いくらかかるのか、よくわからない」 廃車したいと思っても、わからないことや難しいことが多くて、こんな風に困ってしまいませんか? このページでは「 ラクに、できるだけお得に廃車したい!」という人の気持ちにお応えして、 得をする廃車方法を紹介しています。 このページを読むと、こんなことがわかります。 お金をもらえる廃車方法• 間違いだらけの、損な廃車方法• 優良な廃車工場に頼む方法 実は「得をする」廃車方法を知っている人は、多くありません。 ほとんどの人が「損をする」廃車をしてしまっているのが実情です。 初めて廃車する人や、自分で調べたけどよくわからずに困っている人は、ぜひご一読ください。 廃車の種類、方法、流れなど、廃車を自分でする場合のやり方についても、 項目別にわかりやすく解説していきます。 ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 面倒な手続きナシで、 高価買取りしてもらえます。 なんと 8割近くの人が、ディーラー・中古車販売業者で廃車をしてる結果が出ました。 この結果からわかるのは、 多くの人が「廃車の費用」「査定金額」が気になって「高く売りたい」のに、実際は「損をしている」状況です。 これを読んでくださっているあなたもそうだと思いますが、やはり、 廃車は「費用をかけず」「1円でも高く買い取ってもらいたい」ですよね。 そのためには、 正しい廃車の仕組み、「下取り」と「買取り」の違いを知っておくことが大切です。 このページでは、 あなたの手元にお金が多く残る方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。 お得な廃車を実現しましょう! 廃車を処分する方法は 大きく2つに分かれます。 廃車専門の業者の「買取査定」と、 ディーラーの「下取査定」です。 ネットのオークションなどで個人売買をする方法もありますが、トラブルも多く手間もかかるので、止めた方が無難です。 ここからは、多くの人が選んでいる「下取り査定」よりも、 「買取査定」のほうがメリットが多い理由を説明していきます。 ディーラーや車屋の下取りが損な理由 ディーラー・自動車販売店に廃車を依頼すると、 処分する費用を請求されます。 なぜでしょうか? 少々長くなりますが、あなたの車を低い価値で処分しないためにも、ぜひ読んでいただきたく思います。 まず前提として、ディーラーは、中古車として売るために買い取るので、 「中古車として価値がある」ことを最も重要視します。 そのため、できるだけキレイな車が好まれ、評価も高くなります。 事故車、故障車、キズが多い車、古い車、走行距離が多い車など、廃車するような車は、買い取ってもらえません。 下取りは、中間マージンを取られて損をする ディーラーが下取した車は、廃車業者に引き渡されます。 ディーラーから廃車業者にいくらか支払うので、無料で処分を引き受けると、ディーラーは赤字になってしまうんですね。 なので当然、ディーラーは自分たちが儲けるために、 あなたの廃車の処分費用をとるのです。 つまり、中間マージンをとられているのです。 でもそれって…なんだか、 廃車をする人がとても損していると思いませんか? さらに、 自動車税・重量税などの税金や自賠責保険料などの還付金は、本来であればあなたのもとに戻ってくるお金です。 でも、ディーラーや車屋さんにお願いすると、戻ってこない場合が多いです。 これが悲しい実情です。 「下取り価格5万円!」と宣伝していても、引取の代金で相殺されて0円になることも少なくありません。 ガソリンスタンドの無料廃車に注意! ディーラーの他に、ガソリンスタンドでも廃車引き取り・買取を行っているところがあります。 「無料で廃車!」と書いてあったりします。 家の近くや行きつけのガソリンスタンドで、このような廃車の宣伝を目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、ガソリンスタンドの場合も、ディーラーと同じカラクリが動いています。 つまり、 無料で廃車を引き受けた後、パーツを売ったり、税金還付を手にしたりして、ガソリンスタンドが儲けるようになっているのです。 廃車についてあまり詳しくないと、「廃車無料」という言葉が魅力的に見えると思います。 でもそれは、 廃車のカラクリを知らないために損をしている状態です。 事故や故障、走行距離が多い車でも、パーツに分解すれば鉄スクラップとして価値がつきます。 ですから、ガソリンスタンドに廃車を依頼する前に、 必ず廃車買取の査定をしてみてください。 実は高い価値があるのに、無料で廃車してしまうのは、本当に損です。 廃車買取り査定のメリット、ご存知ですか? その一方、 「廃車買取」は、中古車としてではなく、車の部材やパーツに価値をつけて車を買取るシステムです。 自動車税・重量税・自賠責保険などの税金関係のお金も、あなたの手元に戻ってきます。 廃車するには、書類をいくつも揃えたり、陸運局に行って申請しないといけません。 正直、かなりややこしくて、メンドウなんです…。 「頑張って調べたけど、陸運局に行ったら書類が足りなかった…!」 こんな悲しいことも起こります。 「自分で廃車をするのが一番いい」と思う方もいると思います。 できるかたは、ぜひそうしてください。 ただ、陸運局が平日の日中だけしかやっていないので、とくにサラリーマンの方などは、現実的に難しいですよね。 なので、「自分でやるのは難しい…」という方は、みんなの廃車工場に依頼することをオススメします。 手続きや車の引き取りは無料で引く受けます。 そして、事故を起こしたボロボロの車でも、走行距離が10万キロ以上の車でも、どんな車でも無料で査定して買取ります。 損をしない、お得な廃車をするためには、廃車を自社工場で行える買取業者に依頼しましょう。 車の解体工場を持っている全国規模の廃車買取業者なら、あなたの廃車にきちんとした価値をつけてくれます。 逆に、 自治体の許認可を持つ廃車工場でないと、結局は他の許認可工場に(横流しをして)廃車してもらうため、そこでも中間マージンが発生してしまいます。 許認可のある廃車工場(買取業者)に頼むのが、あなたの利益を大きくする「あまり知られていない」コツです。 みんなの廃車工場が大切に買取ります 「みんなの廃車工場」は、日本全国各地の 42拠点に廃車工場を持っています。 すべて 各自治体の正式な認可のある適正な廃車工場です。 あなたが長年乗ってきた大切な車を、責任を持って引き受けます。 車の部品やパーツを、リサイクル資源として再利用しています。 普通は値段のつかないボロボロに壊れた車、15万キロ以上走った車などでも、私たちにとっては価値のある大切な資源です。 1分で終わる簡単なフォームに入力するだけで、買取金額が すぐにわかります。 車の情報を詳しく伝えれば、それだけ買取金額が上がる可能性があります。 許認可工場だからこそ提示できる「あなたの車の正しい価値」を、ぜひ知ってください。 例えば、以下のようなケースが考えられます。 数ヶ月〜年単位で海外に住んだり旅行する• 長期間入院する• 転勤などで長期的に車を利用しない 一時抹消登録をすると、公道を走ることはできなくなります(もちろん、再登録すれば、また普通に公道を走ることができます)。 長い間利用しないのに自動車税だけかかってしまう。 それって、損ですよね。 一時抹消登録は、そんな時にする手続きです。 ただし、一時抹消登録は、永久抹消登録とは違って 「自動車重量税」は戻ってきません。 あなたの状況に応じて、ぴったりの廃車方法を選んでくださいね。 自動車税が還付されるための手続きです!なお、自賠責保険についても還付される可能性があるので、あなたの加入している保険会社に問い合わせてください。 いかがでしょうか? 必要な書類や陸運局での流れをご説明しましたが、 正直「面倒くさい」と思いますよね? 「自分でやれば、費用の節約になるから、多少面倒くさくても自分でやりたい!」たしかにそうなのですが、かなり時間も手間もかかると考えておいてください。 また、自分で廃車手続きをした場合は、廃車する車を引き取ってもらわなければいけません。 その時も、お金がかかります。 「面倒な手続きはニガテ」「自分でやる時間がない」 そんな方は、 手続きや引取りを無料で代行してくれる買取業者にお願いするのも良いですね。 みんなの廃車工場では、廃車手続きをすべて無料で代行します。 また、車のレッカー引き取りも無料です。 さらに!あなたの車をリサイクル資源として大切に買取ります。 自動車税や重量税も、きちんとあなたにお戻しします。 ご希望の方は、 こんなに多い!? 廃車にかかる費用と還付金 廃車=自動車の解体には、リサイクル料がかかります。 自動車リサイクル法で支払いが義務付けられています。 リサイクル料は車の種類や状態で変わりますが、目安として8,000円から20. 000円程と考えておきましょう。 ただし、このリサイクル料金は通常、車の購入時に支払います。 リサイクル法が施行されたのが2005年(平成17年)です。 2005年の2月以降であれば、車検の時にリサイクル料金が徴収されているはずです。 その場合は 納付済みなので、廃車時にはリサイクル料金はかかりません。 リサイクル料は、車を売る時に引き継がれます。 つまり、中古車を購入する時も引き継がれているので支払い済みになります。 廃車するときにリサイクル料を収めなければいけないケースは、ほとんどないと言えます。 000円 外国産普通自動車 15,000円 大型車 20. 000円 リサイクル料は、車の購入時、または車検時に支払われます。 そのお金は、自動車リサイクルシステム(JARS)に預けられます。 廃車するときに、解体事業者がJARSに請求し、支払われるというシステムです。 また、このようにリサイクル料がJARSの預託金から使われるのは、永久抹消登録の廃車だけです。 一時抹消登録の場合は請求されず、預託金はそのままです。 なお、車を輸出する輸出抹消仮登録の場合、日本国内で解体リサイクルが行われないので、預託金は返還されます。 解体費用 リサイクルできない車体部分を解体するための費用です。 解体した後は鉄スクラップとして売れるので、その売却費用とのバランスで決定されます。 具体的には、「エアバッグ類」「フロン類」「シュレッダーダスト」がリサイクルされる部分です。 それ以外の、リサイクル料の対象外の部分が解体されます。 鉄スクラップなどの金属は、市場の相場によって取引価格が決まります。 解体にかかる費用よりも、鉄スクラップの価格の方が高くなることが多いので、ビジネスとして成り立っています。 ここで気をつけるポイントがあります。 廃車買取業者も、自分で解体工場を持っていなければ、工場に引き取ってもらわなければいけません。 そのため、 中間マージンが発生します。 許認可の工場であれば、廃車を高値で買い取ることができます。 自動車税一覧表 自動車税・重量税は、廃車して1~2ヵ月ほど後に、還付通知書が送付されます。 (印鑑証明書に記載されている住所に届きます) 届いたら、「還付通知書」「印鑑」「身分証明書(免許証等)」を持って、指定された金融機関に行き、還付金を受け取ります。 自賠責保険は、指定した口座に振り込まれます。 滞納があると、滞納額を差し引いて還付されます。 もし一括で払うのが難しい場合は、分割で納付する相談を自動車税事務所にしてみましょう。

次の

廃車の処分で損をしない!初心者でも得をする簡単な廃車方法

車 廃車にする

納税証明書とは? 納税証明書の扱い方を解説する前に、そもそも納税証明書とは?について解説。 自動車税納税証明書とは、自動車税が正しく納まっているかを確認する為の証明書です。 毎年4月1日時点での車の所有者は、自動車税を納めなければいけません。 毎年5月に、管轄の自動車税事務所から、自動車税納税通知書と一緒に送られます。 大阪府のホームページから、自動車税通知書と納税証明書の見本を引用します。 画面左が通知書。 画面右が納付書となります。 画像引用元| 自動車税の納付は、5月31日までに済ませないといけません。 ちなみに、自動車税の納付は、コンビニ支払い・金融機関・都道府県税事務所・クレジットカード決済でも支払えます。 納税証明書が必要になるケース 先ほど述べたように、廃車にするのに基本的に納税証明書は必要ありません。 ただし、例外的に必要になるケースも。 買取業者側が後々のトラブルにならないように、念のために提出を求めるケースがあります。 個人売買で必要になるケース 近年では車の個人売買が増えています。 この個人売買の時に、買主から納税証明書を求められることも。 買主の立場なら、自動車税をきちんと納めているか、未納していないかは気になるところ。 後々のトラブルにならないように、納税証明書の提出が必要になることがあります。 買取業者が中古車販売を考えているケース 買取業者が中古車販売を考えていると、納税証明書が必要になることも。 もし車検まで残りわずかであれば、次の所有者は車検で納税証明書が必要になります。 また自動車税が未納であると、次の所有者とのトラブルになる可能性もあり、万が一に備えて提出を求められることも。 実は、廃車には大きく分けて、「永久抹消登録」「一時抹消登録」の2種類があります。 永久抹消登録とは、車を解体して2度と乗れない状態にすること。 一時抹消登録とは、一時的に車を乗れない状態にすること。 (転勤・中古車販売・自動車税の停止の時に使います) 廃車=永久抹消登録のイメージが強いですが、一時抹消登録でも正確には廃車となります。 車の最後の所有者でありたい場合(解体したい場合)は、買取業者に永久抹消登録の意志を伝えて下さい。 (この辺りの認識の違いが、後々のトラブルにもなることも。 しっかりと確認することが大切!) 納税証明書を紛失したら再発行はできる? 自動車税をきちんと納めたが、うっかり紛失してしまうかたも。 先に結論を言うと、再発行はできるのでご安心下さい。 軽自動車であれば、市区町村役所の納税課・支所・市民センターでの再発行も。 必要なものは、下記になります。 ・車検証 ・印鑑 ・身分証明書 ・直近に納付した場合は領収書か通帳の記帳面コピー 交付手数料は400円ほど。 ちなみに、代理人での再発行も可能です。 自動車税を滞納していても廃車はできる? 結論から言うと、自動車税の未納が1年未満であれば、廃車は可能。 2年以上の未納であれば、嘱託保存(しょくたくほぞん)という措置がとられ、廃車はできません。 自動車税未納が1年未満の場合 前述したように、1年未満であれば廃車は可能です。 この場合、廃車手続きが完了後2ヶ月ほど経てば、自動車税事務所から未納分の自動車税納付書が届きますので、その際に納める必要があります。 ちなみに、自動車税を納付していれば、還付金が受け取れます。 (残り有効期間を月割した金額) 自動車税の還付金の早見表は、この記事になるので確認してください。 自動車税の還付金は、買取業者が説明もなく受け取ることもあるので、還付金の扱い方について確認が大切! 自動車税未納が2年以上の場合 自動車税が2年以上の未納の場合、嘱託保存(しょくたくほぞん)という措置が取られます。 嘱託保存とは、「自動車税が未納であるため、税務署が管理をする」ということ。 税務署により車が差し押さえ状態になっているので、勝手に廃車手続きを進めることはできません。 まずは、未納分の自動車税を納める必要があります。 自動車税事務所に相談すると、分納支払いができる可能性も。 嘱託保存を解除するためには相談されてみることもおすすめです。 まとめ 廃車手続きでは、基本的に納税証明書は必要ありません。 ただし、買取業者側が、念のための可能性を考慮して求められることも。 紛失していても再発行は可能なので、ご安心下さい。 手前味噌ですが、弊社 廃車買取のハイシャルなら納税証明書は必要なし。 廃車をお考えのかたはお気軽にご相談ください。

次の

亡くなった家族の車を廃車にできる?~廃車手続き・こんなときはどうする?~

車 廃車にする

廃車の手続き 2018. 16 2020. 25 haisyahonpo 事故車を廃車するときの費用は?手続きの流れと高額買取が期待できる売却方法!• 車を運転している以上、自分の責任か他人の責任かを問わず事故をおこしてしまう可能性はゼロではありません。 ある程度の大きな事故にあった場合は修理にかかる費用が新しく車を 購入する費用よりも高くついてしまうことがあります。 また予期せぬ自然災害などで破損や水没した車も修理が不能なことが多くあります。 残念ながらそういった事故車は廃車処分することになりますが このような場合には廃車専門店の方がエンジンやパーツの販売ルートがあるためディーラーなどよりも高く買取できる可能性があります! 目次• 事故車の廃車にかかる費用 事故車を廃車にすると、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。 まず、全てを自分で行なった場合について考えてみましょう。 事故を起こした車を解体するには、解体業者に依頼する必要があります。 また、解体業者まで自走で行くことができれば問題ありませんが、自走できない場合にはレッカーを依頼する必要があり、費用がかかります。 解体業者に依頼すると、おおよそ1万円から2万円の費用がかかりますし、レッカーを依頼した場合には、距離にもよりますが1万円から2万円の費用が必要となります。 廃車手続きを自分で記入すれば、用紙代の100円だけですみますが、書類作成の代書を頼むとさらに1万円程度の費用がかかります。 つまり、全て自分でおこなうと、手間だけでなくさらに 3万から5万円の費用がかかってしまうことになりかねません。 事故車を廃車にする手続き では、事故車を廃車にするときの手続きにはどんな手続きが必用なのでしょうか。 廃車の手続きに関しては、複数の方法(自分で行う、ディーラーや販売会社に頼む、廃車買い取り業者に依頼)があるので、それぞれについて考えて見ます。 廃車買取業者に頼む場合 さて、事故車を廃車する方法がもう一つあることをご存じでしょうか。 それは、廃車買取業者に依頼をすることです。 廃車買取業者には、事故車の部品を売却するなどの独自のルートを持っていることが多く、事故車でも多くの場合、プラスの査定が発生します。 プラスの査定というのは、廃車にかかる手続きと費用を全て廃車買取業者が負担し、税金や保険の返金手続きを廃車買取業者に代行して貰った上に、さらに事故車の買い取り費用を受け取ることができるということです。 査定が付かない場合でも、廃車にかかる費用や手続きを全て代行してくれることがほとんどの、廃車買取業者はあまり知られていないかもしれませんが、事故車などで仕方なく廃車にする場合や、緊急で急いで廃車にしなければならない場合には、とても便利で頼りになる存在だと言えます。 自分で手続きする場合 自分で全て手続きを行うのは非常に 手間がかかることを覚悟しなければなりません。 「廃車にかかる費用」の項目で説明したとおり、自分で解体業者を探してレッカーを依頼して車を運び込んで解体をして貰い、車の廃車手続きを陸運局でおこなう必要があります。 また、税金や保険に関して自動車税は廃車手続きをおこなえば、自動で還付されますが重量税は廃車手続き時に申請する必用(提出は後でも良いのですが)があります。 自賠責保険についても自分で保険会社に連絡して、保険の解約をおこない、返金を受ける必要があります。 ディーラーに頼む場合 もし、あなたが事故車を廃車にして新しい車を購入することを検討しているのであれば、新しい車の購入を相談しているディーラーに依頼してみるのも良いかもしれません。 もし、運が良ければ値引きの代わりに全ての手続きや費用を無料でやってくれるかもしれません。 もしかすると 廃車にかかる費用(レッカー、解体、廃車手続きなど)を請求される可能性もありますので注意が必要です。 事故車は廃車買取業者に相談するのがおすすめ このように、事故などによって、車の買取業者に出しても値段が付かず、車を廃車にしなければならない場合には、廃車買取業者に依頼してみることをおすすめします。 間違っても自分だけで廃車手続きをしようと思ってはいけません。 手間もかかり、費用もばかにならないからです。 お金と手間を使って自分で廃車手続きを行うメリットは全くありません。 もし、車の買い替えでディーラーなどに廃車の手続きを依頼する場合にも注意が必要です。 ディラーや販売店でも廃車の手続きを引き受けてくれると思いますが、廃車に関わる費用を請求される可能性があるからです。 もし、無料でやってくれたとしたら、その分新しい車の値引きが減っているかもしれません。 結論として、 どんな場合でも車を廃車にするのであれば廃車買取業者に連絡してみることがおすすめです。 車の引き取りから、廃車手続き、車の処分、還付金の手続きを含めて全て無料で一括で引き受けてくれるだけでなく、もしかするとあなたの車にいくらかの査定額がつき、お金を受け取ることができるかもしれないのですから。

次の