ガソリン 車 軽油。 ガソリン車に軽油を入れた場合の対処法!少量間違えただけなら大丈夫?

クルマの燃料、入れ間違うと? 軽油とガソリン、誤給油とんでもないトラブルに

ガソリン 車 軽油

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンは、それぞれ燃料に ディーゼル 軽油 と ガソリンを使います。 燃料が違いますからそれぞれの燃料がもつ性質も異なり、エンジンのしくみも異なります。 ディーゼルエンジンでは、エンジン内部の圧力を高めて温度を上げ、燃料であるディーゼル 軽油 を自然発火 着火 させて燃焼させます。 ガソリンエンジンでは、エンジン内部に取り込んだガソリンにスパークプラグから火花を飛ばして、引火させることで燃焼させます。 ディーゼルエンジンは 着火、ガソリンエンジンは 引火で燃焼させているという違いがあります。 ディーゼル 軽油 とガソリンの着火と引火 ディーゼル 軽油 とガソリンの最大の違いは、 着火点と引火点の温度の違いです! ディーゼル 軽油 ガソリン 着火点 300~400度 400~500度 引火点 45~80度 -35~46度 ここで着火と引火の違いですが、着火というのは、ある一定の温度になると燃料自身に火がつくことをいいます。 引火とは、他の火種が燃料に燃え移り火がつくことです。 まず着火ですが、発火と考えてもらうとわかりやすいと思うのですが、燃料自身が発火することを言います。 ある一定の温度になると、燃料から自然と火が発生するのです。 ディーゼル燃料 軽油 は300~400度になると自然発火します。 ガソリンは400~500度になると自然発火します。 つまり、 ディーゼル燃料の方が自然発火しやすい性質があるのです。 しかしディーゼルがいくら自然発火しやすいといっても、温度を300度以上に高める必要がありますから、ディーゼルエンジンは エンジン内部の圧力を高め温度を300度以上に維持することで、ディーゼル燃料を自然発火させて動力をえています。 内部の圧力を高め温度を上げるためには、エンジン内部のピストンやコンロッドなどを太く頑丈に造る必要があるため、 ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも丈夫なのです! 次に引火についてですが、例えば、石油ストーブに灯油は使いますがガソリンは使いません。 なぜならガソリンの引火点は -35~46度ですから、人間が生活している温度も含まれます。 よって、ガソリンに他の火種が近づくと引火しやすく危険なので、石油ストーブにガソリンは使われません。 逆に石油ストーブにディーゼル 軽油 を使っても、引火点は45~80度ですから、他の火種を近づけても引火しません。 引火のイメージがつかめましたでしょうか? ディーゼル燃料は着火しやすい、ガソリンは引火しやすいというそれぞれの性質をうまく用いて、それぞれのエンジンが造られています。 ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのしくみの違いは こちら クリーンディーゼル車は 中古車が狙い目! クリーンディーゼル車はガソリン車に比べて 価格が高くなりがちです。 そんなときクリーンディーゼル車を 中古車で購入する!という選択肢があります。 クリーンディーゼル車はエンジンが丈夫で非常に壊れにくく、中古車でも十分に良質な車が手に入るので、現在、車を購入する人の 約6割もの人が、中古車を選択しています! 中古車販売シェアNO.

次の

【クルマとお金】ガソリン、軽油には複数の税金の上に消費税がかかる! ちょっと複雑な仕組みを解説(Webモーターマガジン)

ガソリン 車 軽油

この【クルマとお金】シリーズでは、すでにクルマの購入・保有段階にかかる税金を紹介したが、今回は走行段階に使う燃料(ガソリン・軽油)にどんな税金が課せられ、税額の規模がどのくらいなのかを解説しよう。 ガソリン価格は税金が半分以上というのが現実 クルマが走行するときに、必ず必要となるのが燃料だ。 現在の自家用車の燃料は様々で、電気や水素もあるが、今回はガソリン、軽油について解説しよう。 これらの税金は本体価格にのせられているので、その場で直接ユーザーが支払っている感もあるが、基本的には事業会社に課税される間接税となる。 ガソリンや軽油は原油相場価格で変動するので時期にもよるが、本体価格の約半分は税金といってもいい。 各燃料ごとにもう少し細かく見ていこう。 ガソリンには「揮発油税及び地方揮発油税(以降、ガソリン税)」、「石油税」、「消費税」がかかってくる。 ガソリン税は道路整備のために使用される目的税だったが、平成21年度税制改革により普通税となった国税だ。 国が事業社から徴収するが、地方揮発油税分は国から地方自治体に配分される仕組みになっている。 ガソリン税の税額は揮発油税分が1Lあたり48. 6円、地方揮発油税が5. 合計53. 8円だ。 本来は揮発油税が1Lあたり24. 3円、地方揮発油税が4. 4円なのだが、昭和48年に始まった「道路整備五カ年計画」の財源不足を補うため、暫定的に現在の税額に増額された。 以後、暫定処置をなし崩し的に延々繰り返し、50年近く経過した現在でも「暫定」処置を行っている。 税額規模は平成30年度の税収は揮発油税が2兆3300億円、地方揮発油税が2493億円だ。 ちなみにガソリン税には例外もあって、沖縄県では「沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律」によりガソリン税が1Lあたり7円減税されている。 しかし「沖縄県石油価格調整税条例」により1. 5円徴収されているので、最終的に1Lあたり5. 5円減税されている。 このような理由から沖縄県のガソリンは安い傾向にある。 「石油税」は「石油石炭税」と呼び、使途を特定しない普通税で国税だ。 ただし、これは一般歳入に計上された後、『石炭並びに石油及び石油代替エネルギー特別会計法』に基づき、特別会計に繰り入れられるというちょっとややこしい使い方をする。 使い道は国家と民間の石油備蓄や、石油代替エネルギー対策だ。 石油石炭税にはさらに、「地球温暖化対策のための税」が上乗せされている。 「地球温暖化防止対策のための税」は全化石燃料由来の二酸化炭素排出量を削減し、地球温暖化対策を強化するために使用される目的税という名目で国税となる。 ちなみにこれはガソリンや軽油だけでなく、電気やガスにも「石油石炭税」に上乗せされて、徴収されている。 「石油石炭税」も間接税としてユーザーが給油に支払う代金に含まれている。 その額は1Lあたり2. 8円で、平成30年度の税収は8273億円となっている。 この上に「消費税」がかかってくる。 消費税は、ガソリン税と石油石炭税を含むガソリン価格に課税される。 これに関しては税金がかかっている上に、さらに消費税を課す「二重課税」として問題提起する人がいる一方、政府はガソリン税と石油石炭税はガソリンの製造コストであり、税金の二重課税に当たらないとしている。 安いと言われる軽油にも税金がかかる。 軽油には「軽油引取税」「石油石炭税」「消費税」がかかる。 「軽油取引税」は軽油を引き渡す行為に対し課税され、普通税で地方税だ。 昭和31年の軽油取引税導入当初は、道路維持整備を目的とする目的税だったが、平成21年度税制改革により普通税に変更された。 税額は1Lあたり32. 1円で、ガソリンに比べれば割安だ。 だが、こちらも特例税率のため高額になっており、本来は1Lあたり15円になっている。 「石油石炭税」は1Lあたり2. 8円で、ガソリンと変わらない。 軽油を給油する際にも「消費税」が課税されるが、こちらはガソリンのように余り問題視されていない。 その理由は「石油石炭税」を含む軽油価格に「消費税」は課税されるものの、「軽油取引税」には課税されていないからだ。 軽油の製造コストはあくまで「石油石炭税」のみ、というのが国の姿勢だ。 平成30年度の税収は9492億円だ。 クルマには購入、維持、使用の段階でこのように多くの税金がかかってくる。 まだ贅沢品だった時代の名残とか、取りやすいところから取るという税務行政の結果ととか、さまざまなことが言われるが、自動車ユーザーとしては払う義務は全うした上で、より公平な税制を求めていく必要があるだろう。 (文:猪俣義久) [ アルバム : 【クルマとお金】ガソリン、軽油にかかる税金 はオリジナルサイトでご覧ください ].

次の

ガソリン車に軽油を間違えて給油したら廃車?

ガソリン 車 軽油

間違いやすいケース• 軽自動車だから軽油を入れてしまう。 色分けされているのに、ついうっかり入れてしまう。 考え事をしながら入れたら間違えた。 イライラ喧嘩していたらミスした。 現在は、ガソリンスタンドでも、入れ間違いされないようなポップなどの表示が行われていたり、軽油ではなくディーゼル車用などの記載をして、間違い防止に取り組まれていますが、いまでも確認不足で、ついうっかりミスが発生しています。 【症状】間違って入れたらどうなる? ガソリン車に軽油を入れても、ディーゼル車にガソリンを入れても、このようなトラブルの後、車が故障します。 故障の内容 エンジンが不自然な音がしてガタガタ震える。 煙が排気口からでてくる。 (自分では気がつかない。 ) パワーが出なくなっていく。 交差点や(高速)道路でエンジンが完全に停止する。 JAFを呼ぶ。 ガソリンスタンドの店員さんに相談する。 車の整備工場に電話する。 自分で何とかしようと考えても、悪い方向に向かう恐れがあり、最悪、廃車になる危険があります。 対処が早ければ修理代はかかるものの、大事にはならずにまた車に乗れます。 自分の後ろで給油を待っている方がいたら、トラブルを誤って隣の列に並んでもらいましょう。 「何やってんだよ!早くやれよ」なんてことになって、慌ててエンジンをかけてしまうとアウト! 「すみません。 ガソリンと軽油をついうっかり入れ間違えたので」声がけするだけで、後ろから怒鳴られずにすみます。 スタンドの従業員が間違えた セルフスタンドではなくとも、ガソリンスタンドの社員やアルバイトさんが給油を間違えるケースも全国でかなりの件数が発生しています。 このようなケースでは、もちろん修理代を請求しますが、レシートを保管しておかないと証明ができないので、「知らない。 」と言われればそれまで。 相手が給油するのを、念の為、注意して見ておくと良いでしょう。 もしも、そこで気づけばすぐに軽油を抜いてもらえば、大事に至らずにすみます。 それを気づかずに運転をしていると、最悪、愛車が廃車になってしまう。 これじゃ、車を買い換えるときに下取りすらしてもらえないかも。 悪質なガソリンスタンドの言い訳 「お客様が軽油を指示されたので入れただけ。 」 「はあ!? そんなわけないでしょう!!」 まさか、そんなことはないでしょう。 ということがあるのが今の世の中。 責任転嫁も良い所ですが、実際にあるようです。 ガソリン(レギュラー)車は給油口には、何も記載されていませんが、ディーゼル車は軽油、ハイオク車はそのように記載しているのが一般的。 もし、こちらが言い間違えたり、何も指示しなくてもプロが間違えてはガソリンスタンド側の責任です。 もしも病院で、あなたがO型で輸血してもらうときに、A型と輸血されたらどうされますか? まさか病院側がこんな言い訳を言ったら裁判になりますよね。 「あなたが血液型をO型だと言わなかったので、病院としてはA型を輸血しました。 」と言っているのと同じこと。 あり得ません。 困った時は下記まで。

次の