伊藤 沙莉 ひよっこ。 伊藤沙莉の出演ドラマ作品と天てれ子役時代!ひよっこ・女王の教室・経歴とデビューのきっかけは?

『ひよっこ』で注目の伊藤沙莉「トイレでごはん食べたりも…」

伊藤 沙莉 ひよっこ

~~~~~ 舞台は1964年(昭和39年)秋。 茨城県北西部にある奥茨城村の農家の家で育った谷田部みね子(有村架純)。 高校の卒業を控えた頃、東京に出稼ぎに出ていた父(沢村一樹)が行方不明になったことで、東京へ行き父を探しに行くと決意する。 みね子は幼馴染の時子(佐久間由衣)、三男(泉澤祐希)とともに上京し、様々な苦難に遭いながらもそこで出会う人たちと励ましあいながら暮らしていた。 みね子が働いていた職場の工場が倒産となったその後、父が訪れたことのあるという洋食屋「すずふり亭」で働き、ひょんなことから女優の川本世津子(菅野美穂)と出会った。 ある日、川本の自宅に招待されたみね子は、行方不明になった父に再会することになった。 父はみね子のことも自分自身のことさえも覚えていない記憶喪失の状態だったが、みね子は父を引き取ると、後に父を奥茨城へ送り届け家族が再びそろうことになる。 みね子自身は、「すずふり亭」で出会った秀俊(磯村勇斗)とともに東京で生活していくことを決意するのであった。 そこで出会う人たちもまた様々な苦難を乗り越えていくの行くのですが、その中でも幼馴染の時子、三男はみね子にとって特に心強い友人として描かれています。 そんな三男の東京での職場である安部米店の店主の娘であり、三男に思いを寄せる安部さおり役だったのが、伊藤沙莉さんでした。 米屋なのにパンが好きというちょっと頬が緩んでしまう設定や、三男への片思いから最終的に結婚までたどり着く一途で憎めないさおり。 伊藤沙莉さんのさおり役がピッタリとはまっていて、誰もが応援したくなる感じがこのドラマのなかで伏線の要素であっても、その演技が印象に残っている方も多いのではないでしょうか。 「ひよっこ」出演時に年齢にも注目がされていたようですが、それは表情を駆使した演技やその声質、安定したテンポ感からベテラン女優としての風格を感じた方が多かったことに関係があるようです。 実際、伊藤沙莉さんはこの時は23歳だったのですが、驚きの声が多数あったようです。 以上の点からみても、「ひよっこ」での伊藤沙莉さんの演技が多くの人に認知されたきっかけの作品であると行っても過言ではないかもしれません。 「女王の教室」は、女教師と小学6年生の1年の闘いというのがテーマのドラマですが、その中で暮らすのいじめっ子役として出演していました。 その時も、個性的な声から印象に残っている人も多かったようです。 また、「GTO」でもいじめっ子役として出演しており、ネット上では 「怖い」 「ムカつく。 それだけ演技うまいってことだけど」 「可哀想すぎ!って凄い思った。 演技力、さすが。 」 などと、演技力がありすぎる故に伊藤沙莉さんに対する感情が溢れる声もあったようです。 自身でも、「いじめっ子人生」というほどいじめっ子役が多いようですが、それだけ確固たる演技力が業界でも評価されているということなのでしょう。 脇役としても存在感を放つその演技は、今後も様々なドラマや映画などでも魅了してくれることと思います。 伊藤沙莉さんの期待してチェックしていきたいですね。 カテゴリー•

次の

伊藤沙莉の「ひよっこ」「スカッとジャパン」でのハスキー声にあった演技がおもしろい!

伊藤 沙莉 ひよっこ

薄暗い地下駐車場。 そこに古いコピー機や工事用のカラーコーンが雑然と並ぶ。 カメラマンに促されるまま、その乱雑なラビリンスに足を踏み入れた伊藤沙莉さん。 あちこち観察しては、驚いたりニヤリとしたり。 きっと普段も、こんなふうに楽しんで撮影現場にいるんだろうなと思ったら、ますます伊藤さんという人のことを知りたくなった。 ちょっと前まで、次の作品が決まっているってことがほとんどなく、次のオーディション頑張んなきゃっていう状況でした。 だから、ひとつの仕事が終わってすぐに次の作品の準備に取りかかれるのが、いますごく幸せなんです。 受けるし落ちるし(笑)。 めちゃくちゃ苦手です。 「どうせ」とか「私なんて」って思っちゃうタイプなんです。 直そうと思っているんですが…。 もちろん、受けるからには受かりたいとは思うけれど、マドンナというのを読み替えて人気者ってことでやったらいいのかなとか考えすぎてしまって、集中できないまま終わっちゃったりして。 何気ない短いシーンでも面白くしてくれる女優さんというイメージがあったので。 そう言っていただけると嬉しいです。 昔から、妥協されることへの恐怖があって、「ま、いっか。 OKで」とか、「伊藤でいいか」と思われるのが本当に嫌なんです。 だから、つねに役を演じる時に、自分がやる意味を考えています。 引きどころをわかっているというか。 台本を読んではいくけれど、どっちかというと現場の雰囲気を読んでやってみるほうで、そこまで計算していたりはしないんです。 ただ、私は性格的に「どうぞどうぞ」って後ろに下がっていくタイプだから、前に出てやってくださいって言われる時以外、そんなにグイグイいかないのがいい塩梅に見えているのかもしれません。 リアクションとかびっくりした時の顔がちょっと変だったり、声がこんな感じ(ハスキー)なので目立っちゃう時はありますが、普段からひっそり静かに過ごしているつもりなんです。 子役時代からそうで、学園ものの集合シーンで私の前に誰かがかぶっていても言えなくて、「ま、いっか」って肩越しに目だけ出す、みたいな(笑)。 普通ですよ。 スクールカーストの超真ん中。 学級委員とかはやっていましたけどね。 学級会をまわすのにハマっていた時期があって、自分の番組のMCくらいの感じでクラスメイトをイジりながら進行してました。 その時期は、しゃしゃってましたよ(笑)。 でもそれも、千葉の普通の公立高校で、普通の子たち相手だからできたこと。 結構、トイレでごはん食べたりもしてましたし。 …いじめられてた、とかじゃないんですけど。 私、寝起きで登校してくるようなタイプで、キラキラした感じもなかったんで、みんな見慣れるというか。 ただ、いまだに心はただの千葉県民なんで、人のインスタを見ながら、「誕生日パーティにこんなに人が集まっててすごーい」って言ってるくらいがちょうどいい。 経験として、そういう世界を覗くことはありますが、基本的には性に合わない。 憧れて、夢を見てるくらいがいいんです。 届かないからこそいいものってありますよね。 たとえば、好きなアイドルには会いたくないんです。 こういう仕事をしているからこそ、同じ部屋にはいたくない。 向こう側の世界の人でいてほしいんです。 いとう・さいり 1994年5月4日生まれ、千葉県出身。 出演ドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合)は、7月26日(金)22時スタート。 伊藤さんは、主人公・森若沙名子(多部未華子)の経理部の後輩・佐々木真夕を演じる。 「経理部の面々ってみんなどこか変わり者で、真夕が一番普通なんです。 写真・佐野方美(KiKi inc.

次の

伊藤沙莉の「ひよっこ」「スカッとジャパン」でのハスキー声にあった演技がおもしろい!

伊藤 沙莉 ひよっこ

~~~~~ 舞台は1964年(昭和39年)秋。 茨城県北西部にある奥茨城村の農家の家で育った谷田部みね子(有村架純)。 高校の卒業を控えた頃、東京に出稼ぎに出ていた父(沢村一樹)が行方不明になったことで、東京へ行き父を探しに行くと決意する。 みね子は幼馴染の時子(佐久間由衣)、三男(泉澤祐希)とともに上京し、様々な苦難に遭いながらもそこで出会う人たちと励ましあいながら暮らしていた。 みね子が働いていた職場の工場が倒産となったその後、父が訪れたことのあるという洋食屋「すずふり亭」で働き、ひょんなことから女優の川本世津子(菅野美穂)と出会った。 ある日、川本の自宅に招待されたみね子は、行方不明になった父に再会することになった。 父はみね子のことも自分自身のことさえも覚えていない記憶喪失の状態だったが、みね子は父を引き取ると、後に父を奥茨城へ送り届け家族が再びそろうことになる。 みね子自身は、「すずふり亭」で出会った秀俊(磯村勇斗)とともに東京で生活していくことを決意するのであった。 そこで出会う人たちもまた様々な苦難を乗り越えていくの行くのですが、その中でも幼馴染の時子、三男はみね子にとって特に心強い友人として描かれています。 そんな三男の東京での職場である安部米店の店主の娘であり、三男に思いを寄せる安部さおり役だったのが、伊藤沙莉さんでした。 米屋なのにパンが好きというちょっと頬が緩んでしまう設定や、三男への片思いから最終的に結婚までたどり着く一途で憎めないさおり。 伊藤沙莉さんのさおり役がピッタリとはまっていて、誰もが応援したくなる感じがこのドラマのなかで伏線の要素であっても、その演技が印象に残っている方も多いのではないでしょうか。 「ひよっこ」出演時に年齢にも注目がされていたようですが、それは表情を駆使した演技やその声質、安定したテンポ感からベテラン女優としての風格を感じた方が多かったことに関係があるようです。 実際、伊藤沙莉さんはこの時は23歳だったのですが、驚きの声が多数あったようです。 以上の点からみても、「ひよっこ」での伊藤沙莉さんの演技が多くの人に認知されたきっかけの作品であると行っても過言ではないかもしれません。 「女王の教室」は、女教師と小学6年生の1年の闘いというのがテーマのドラマですが、その中で暮らすのいじめっ子役として出演していました。 その時も、個性的な声から印象に残っている人も多かったようです。 また、「GTO」でもいじめっ子役として出演しており、ネット上では 「怖い」 「ムカつく。 それだけ演技うまいってことだけど」 「可哀想すぎ!って凄い思った。 演技力、さすが。 」 などと、演技力がありすぎる故に伊藤沙莉さんに対する感情が溢れる声もあったようです。 自身でも、「いじめっ子人生」というほどいじめっ子役が多いようですが、それだけ確固たる演技力が業界でも評価されているということなのでしょう。 脇役としても存在感を放つその演技は、今後も様々なドラマや映画などでも魅了してくれることと思います。 伊藤沙莉さんの期待してチェックしていきたいですね。 カテゴリー•

次の