ヒカキン 猫 炎上。 ヒカキンがペットショップで猫を買って炎上!保護猫を貰え?条件が厳しい?

ヒカキン猫で炎上も、2匹目を飼う!名前はまるこ?

ヒカキン 猫 炎上

先日チャンネル登録者500万人突破した木下ゆうかが、とある 生配信中に猫を投げ捨て炎上していたのをご存知だろうか。 視聴者からは賛否両論あるものの、いまだに批判は殺到している。 今回はそんな、木下ゆうかの猫投げ捨て炎上事件の経緯や理由を解説。 そして木下ゆうかの飼っている猫の情報や、「猫に掃除機押しつけ」事件もあわせて紹介していこう。 【炎上】木下ゆうかが生配信中に猫を投げ捨てた!? 木下ゆうかが生配信中に猫を投げ捨てて炎上!? 木下ゆうかさん! ん?置いたって言った? 投げた!の間違いでしょ? 着地の時すごい音してるよ 身体の出来上がってない仔猫を後ろ重心で片付いてない部屋にノールックポイ! 投げたあとも猫を見もしない、最低ですね — かな tomojune2 木下ゆうかが、 2018年10月11日のライブ配信中に自身の飼っている猫を雑に投げ、猫を虐待したとして炎上した。 肝心のライブ配信のアーカイブ動画は、 猫を投げる部分をカットしたものが一度公開されたが、投げた後の言い訳が残っておりアーカイブ動画は削除。 その後ツイッターなどで猫を投げた部分の動画が出回ってからは、 事務所であるUUUMがもみ消し工作として必死に火消しに回っているという。 木下ゆうかが猫を投げ捨てた経緯と理由 木下ゆうかひどすぎやろ。 猫をこんな簡単に投げるなんて許せない。 そこで 配信が途切れてしまったと勘違いした木下ゆうかは、ヒステリックに怒りながら猫を雑に、そしてノールックで画面後方に投げたのだ。 しかし実は配信は途切れておらず、猫を投げたシーンが炎上することとなった。 配信中の視聴者からの注意コメントには大声で 「投げてないよ! 」と弁解したそう。 木下ゆうかが飼っている猫の種類や名前は? 木下ゆうかが猫を飼い始めた理由は「夢を見たから」 木下ゆうかが猫を飼い始めたという報告動画を公開したのは2018年07月27日。 今まで飼いたかい気持ちはあったものの、 「命だから簡単に飼うわけにはいかない」という考えで実際に飼うまでには至らなかったという。 そんな 木下ゆうかが猫を飼い始めた理由は、とある晩に 「耳がひっくり返っている猫の夢を見た」から。 その夢を見て、これは天からのお告げ的なものだと捉えた木下ゆうかは、ペットショップに出向いたりネットで探したりという行動に移したようだ。 しかしこれを聞いた視聴者からは 、 命だから簡単に飼うわけには…発言に対して『夢に出たから』という理由や『飼いたいと思った時に飼うのがいい』発言をする矛盾点へのツッコミが入ることとなった。 木下ゆうかが飼っている猫の種類・名前は? 引用: 木下ゆうかが飼い始めた猫の種類は、 耳が外向きにカールしている(反っている)のが特徴の 「アメリカンカール」という種類。 PDRが飼っている猫も同じ種類だ。 名前は 「ロン」で、男の子のような名前だが 性別はメス。 顔がロンっぽいからという理由で名づけられた名前は、家に連れて帰る前からすでに決めていたという。 「HIKAKINの真似じゃない」アピールが必死すぎる 引用: 猫を飼うという報告動画内で、木下ゆうかは 自分よりも少し先に猫を飼い始めたという動画を出していたヒカキンのことについても触れていた。 ロンに会いに行き、飼うことが決まったその日にヒカキンが猫を飼う動画を上げてびっくりしたという。 そして驚きと同時に 「私真似したみたいじゃん…」と考えたらしく「それを言うのはダメですよ皆さん」と言ってアンチコメを防ごうとしていた。 どうでもいいことなんですけど、と話し始めた割には必死にアピールしている雰囲気があり、視聴者からは 「どうでもいい」「真似してないアピールにしか聞こえない」と呆れられている。

次の

木下ゆうかが猫を投げ捨てて炎上!経緯/名前/種類/掃除機押しつけ事件についても

ヒカキン 猫 炎上

大人気 のさんが、 動画で猫を飼い始めたと明かしました。 飼い始めた猫はスコティッシュフォールドで 生後2ヶ月のオスだそうです。 sponserdlink 可愛いというファンの声もありますが、 保護猫を迎えて欲しかった 金持ちは高級な猫がお好き と批判のコメントも。 サンシャイン池崎さんが、 保護猫を2匹引き取ったことを グラムにアップ。 それもあり、炎上することに。 影響力があるからこそ保護猫を迎えて欲しかった 保護猫を飼うという選択はなかったのか というコメントがありました。 sponserdlink しかし、中には 男性には保護猫を譲渡されない というコメントも。 保護猫を譲渡してもらうには、 色々と条件があるようです。 ただ、 さんの場合は、 保護猫を飼うという選択があったのであれば、 その過程も動画にしたと思われます。 保護猫を飼おうとしたけどダメだった、 という動画をアップすると。 しかし、その話がなかったことから、 最初から保護猫を迎い入れるという選択肢は なかったのではないかということのようです。

次の

「保護猫を迎えて」猫を飼い始めたヒカキンに飛ぶ批判

ヒカキン 猫 炎上

YouTubeより 7月19日、人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン・29)が自身の動画で、最近飼い始めたという生後2カ月の猫、スコティッシュフォールドのオスを披露。 ファンから「かわいい!」と絶賛の声が集まる一方、一部から「ペットショップで買うのではなく、保護猫を迎えてほしかった」といった意見が出ている。 HIKAKINは動画で、「ちっちゃいときから猫だいすきで、1年前から飼いたいなってずっと考えてて。 ついに本日から、家族になります!」と、猫を迎えたことを報告。 名前は「まるお」だという。 動画のコメント欄には、ファンから「可愛い」「天使」など絶賛の声が殺到。 再生回数は25日現在で865万回超え、28万いいねを集めている。 子猫は生後2カ月で種別も判明していることから、ペットショップで購入したとみられる。 一方、23日にお笑い芸人のサンシャイン池崎(36)が、2匹の保護猫を引き取ったことを自身のインスタグラムで報告。 たまたま「保護猫」がキーワードになったことから、ネット上ではHIKAKINに対して「買うんじゃなくて保護猫を迎えてほしかった」といった批判の声が持ち上がったのだ。 ネット上では、 《ヒカキンさんみたいな影響力のある方は、ペットショップではなく、保護猫から飼う事の選択をして欲しかったなぁと思います》 《影響力がある方だからこそ保護猫をという意見もわかるけど、どっちを取っても意見の押し付けですよ》 と賛否両論。 ちなみに、保護猫を迎え入れるには、「預かり日記」を読んだり、数週間一緒に暮らしたりと、さまざまな条件をクリアすることが求められる。 そんななか、注目されたツイートはこちら。 《HIKAKINに保護猫じゃないこと文句言ってる奴は善の押し付けだからまじでやめろよ。 猫好きとしてすごく恥ずかしいし不愉快。 人には人の理由がある、ましてや男の独身ってだけで譲渡条件に入らないことあるんだから。 しかも初めて猫飼うんだしそれなら店の猫の方が絶対いい》 なんと、独身男というだけで保護猫を譲渡されないことがあるというのだ。 ペット大好き女性が語る。 「自分で猫を拾うならいいんですが、保護猫を引き取るのは大変です。 猫を一人にするわけにはいかないので、独身男性や老人は保護猫を譲渡されないことが多いんです。 カップルも駄目。 別れたとき、どっちが引き取るか揉めたり、また捨てられたりするからです」 ペットを飼い始めるのも、意外に難儀なのだ。

次の